仮想通貨業界を震撼させた「The DAO事件」とは?

前回は、事業開発における新しい資金調達「ICO」の仕組みについて取り上げました。今回は、仮想通貨業界を震撼させた「The DAO事件」について見ていきます。

約360万ETH(約52億円)が、ハッカーに盗まれた事件

それでは次に、これまでのICOの歴史を振り返ってみましょう。

 

ICOの始まりは2013年9月まで遡ります。米国の企業オムニ(Omni、OMNI、旧マスターコイン)がビットコイン2.0を利用した資金調達を世界で初めて行ない、約500万米ドルを集めました。これを皮切りとして、短時間かつ迅速に資金を得る事ができるICOは起業家たちの間で急速に広まっていきました。

 

ICOでは多くの場合、イーサリアムによって投資資金が拠出されます。イーサリアムはロシア人のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)によって生み出された仮想通貨で、その通貨を生み出したICOで2014年に約16億円もの資金を集めました。

 

ICOの流行と共に急激な成長を見せていたイーサリアムですが、2016年6月、「The DAO事件」と呼ばれる問題が発生しました。

 

The DAOとは、イーサリアムのプラットフォーム上のプロジェクトである分散投資組織です。非中央集権で自立型であり、投資先をファンド参加者の投票で決め、利益が上がれば投資者に配分するというシステムでした。「DAO」は投資者に渡されるトークンです。2016年5月にICOを開始し、当時のICO額としては最高の約150億円もの資金を集めました。

 

The DAOにはDAOの運営に賛同しない場合に投資家が預けている資金をDAOから切り離して新しいDAOを作成できる「スプリット」という機能がありました。通常このスプリットは、一回すればその処理が完了しますが、資金の移動が完了する前に何度もスプリットを繰り返すことができてしまうというバグがありました。

 

The DAOのICOではその脆弱性を突かれ、集めた資金の3分の1以上にもなる約360万ETH、当時の価格にして約52億円ともいわれる額が盗まれるという事件が起きました。

 

不幸中の幸いと言うべきか、スプリットを使って分離された資金は、最低27日間はそのアドレスから移動できない仕組みになっていました。盗まれた資金についてどうするかという議論が行われ、ソフトフォークとハードフォークという二種類の方法が浮上しました。

ハードフォークを行うことで事態は収束へ

ソフトフォークはいわば口座凍結で、ハッキングが行われた取引以後ハッカーのアドレスに関わる取引が無効になり、アドレスには資金が入っている状態ですが取り出すことができなくなります。その場合、ハッカーも盗んだ資金を取り出せませんが、被害者にも盗まれた資金が戻ってこないということになります。

 

それに対して、既存のブロックチェーンとは別のブロックチェーンを作り、ハッキングを受けたブロックチェーンを分岐して、ハッキングをなかったことにできるというハードフォーク案が検討されました。

 

この両案をめぐり侃々諤々の議論が繰り広げられましたが、最終的にブロックチェーンを分岐するハードフォークを行うことで事態は収束に向かいました。

 

ハードフォークにより、従来のイーサリアムはイーサリアムクラシック(ETC)と、新しく生み出されたイーサリアム(ETH)とに分裂したのです。以上により、ハッカーによる不正送金が起こる前の状態に戻りました。

 

「The DAO事件」は、「Mt.Gox事件」以来最大の事件として暗号通貨・ブロックチェーン業界全体を震撼させ、イーサリアムをベースにしたICOに対しても、消極的な動きが生まれしばらくの停滞期を迎えました。

 

この事件の結果、イーサリアムは一時暴落しましたが、2018年3月現在の時価総額はビットコインに次いで第2位にランクインしています。

 

[図表]ICOの歴史(今まで起こった主な事件・ICO)

株式会社myコンサルティング 代表取締役
エンジェル投資家

1972年生まれ。埼玉大学教養学部教養学科卒。内装施工会社の本社経理勤務を経て大手投資顧問会社の役員を歴任、2014年4月に独立。日本をベースとして、韓国、ニュージーランド、モンゴル、フィリピンなどでビジネスを展開している。韓国国内外の有望なベンチャー企業に投融資を行なう韓国法人をビジネスパートナーと共同で設立。IPO及びICO案件の発掘、デューデリジェンスを手掛ける。資産家、企業経営者、サラリーマン、主婦に至るまで幅広い層の顧客を持っており、投資顧問会社の役員時代に培った豊富な経験を生かし、お客様一人ひとりのニーズを徹底的に追求したコンサルティングには定評がある。将来の夢は、「自分が関わる企業や人を通じて、ICOまたはIPOを実現し、雇用の創出をすること」である。

著者紹介

連載 次世代の資金調達方法として注目される「ICO」の基礎知識

本連載は、特定の金融商品の推奨や投資勧誘を意図するものではありません。また、投資にはリスクがあります。積立による購入は将来の収益を保証したり、基準価額下落時における損失を防止するものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

仮想通貨「ICO投資」入門

仮想通貨「ICO投資」入門

坂元 康宏

幻冬舎メディアコンサルティング

「投資初心者」から「上級者」まで。「ICO投資」完全マニュアルの完全保存版。いま、いちばん熱い投資、待望の入門書! ICOってそもそも何? 情報はどうやって手に入れる? 2018年に注目すべきICOプロジェクトとは?

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!