禁止か、容認か… ICOをめぐる法規制・各国の対応<米国編>

前回に引き続き、ICOに対する各国の法規制について見ていきます。今回は、米国で行われているICOの規制を紹介します。

基準を設け、政府の認可を受けたものは受け入れる方針

2.米国

 

(1)ICOの規制

 

米国でもICOを規制する動きがありますが、中国とは違い、ICOを全面的に禁止するのではなく、一定の基準を設けて政府から認可を受けたものについては受け入れていく方針です。

 

米国証券取引委員会(U.S. Securities and Exchange Commission、以下SEC)は2017年7月、ICOトークンの販売は連邦証券法の要件を満たしている場合もあり、有価証券に該当すると判断されたトークンについては販売する際、規定によりSECに登録する義務があると発表しました。

 

さらに特別な場合を除き、トークンの取引を提供する取引所も登録が必要となり、未登録のトークン販売者からの提供を受けた投資家についても証券取引所法違反に問われる可能性があることを示唆しました。SECが「The DAOのDAOトークンは有価証券である」として判断したことから、今後ICOにおけるトークンの販売については同様に無認可の有価証券とみなされる場合も生じ、証券法に基づいて処罰の対象となり得ます。

 

このSECの見解はThe DAO事件の調査報告書上で示されていますが、米国ではこの事件を契機に、認可のないICOを規制していく模様です。

 

(2)ビットコイン先物の上場

 

米国には、世界最大の先物取引所を運営するシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループを筆頭に、シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)などの先物取引所があります。

 

シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)は日本時間2017年12月11日、ビットコイン先物を上場し、仮想通貨の先物取引が開始されました。これに先立ち、ニューヨークに拠点を置くLedger X社が米国先物取引委員会(CTFC)による3年間にも及ぶ審査を経て、2017年7月にスワップ執行ファシリティ(SEF・・・デリバティブの際、法で使用が決められているシステム)及びデリバティブ清算機関(DCO)への登録が認められ、仮想通貨のスワップやオプション取引を行なうことが可能な業者として正式に認可されました。これに対して、CMEも2017年12月18日からビットコインの先物の取り扱いを開始しました。

先物取引の開始で、市場の活性化を予想

(3)先物取引の上場に伴う市場の変化

 

先物取引が開始されたことにより、機関投資家やヘッジファンドなど大手の投資家が参入しやすくなり、市場がより活性化することが予想され、今後大量の資金が市場に流入することで価格が上昇することも考えられます。

 

一方で先物市場では現在ビットコインを保有していない状態でも「売り」から入ることができるため、大量の資金をかけてビットコインの価格を崩して狼狽売りを誘い暴落に繋がる可能性もあり注意が必要です。実際に、先物取引が始まった当初はBTCの価格が170万円ほどだったものが数時間で200万円ほどになるなど短時間で約30万円も上がりました。一方で、2018年2月6日には、ビットコイン価格が日本円のレートで約230万円から60万円台まで下落という過去最大規模の下落を記録するなど、ビットコインの価格が今までになく上下しています。

 

CBOEが先物取引を開始した数日後CMEも先物取引を開始しました。その後も米国の証券会社のキャンター・フィッツジェラルドがビットコイン先物の仲介業務に参加したり、金融商品の取引所を運営する米国のナスダックが先物取引の上場を計画していることが発表されました。

 

さらに、CBOEは先物商品の上場に続いて、上場投資信託(ETF)や指標連動証券(ETN)なども計画していると言及し、今後も大手の投資家が続々と参入することになります。それに伴い、仮想通貨市場では今まで以上に大きな価格変動が起こることが予想され、より一層の注意が必要です。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社myコンサルティング 代表取締役

1972年生まれ。埼玉大学教養学部教養学科卒。内装施工会社の本社経理勤務を経て大手投資顧問会社の役員を歴任、2014年4月に独立。日本をベースとして、韓国、ニュージーランド、モンゴル、フィリピンなどでビジネスを展開している。韓国国内外の有望なベンチャー企業に投融資を行なう韓国法人をビジネスパートナーと共同で設立。IPO及びICO案件の発掘、デューデリジェンスを手掛ける。資産家、企業経営者、サラリーマン、主婦に至るまで幅広い層の顧客を持っており、投資顧問会社の役員時代に培った豊富な経験を生かし、お客様一人ひとりのニーズを徹底的に追求したコンサルティングには定評がある。将来の夢は、「自分が関わる企業や人を通じて、ICOまたはIPOを実現し、雇用の創出をすること」である。

著者紹介

連載 次世代の資金調達方法として注目される「ICO」の基礎知識

本連載は、特定の金融商品の推奨や投資勧誘を意図するものではありません。また、投資にはリスクがあります。積立による購入は将来の収益を保証したり、基準価額下落時における損失を防止するものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

仮想通貨「ICO投資」入門

仮想通貨「ICO投資」入門

坂元 康宏

幻冬舎メディアコンサルティング

「投資初心者」から「上級者」まで。「ICO投資」完全マニュアルの完全保存版。いま、いちばん熱い投資、待望の入門書! ICOってそもそも何? 情報はどうやって手に入れる? 2018年に注目すべきICOプロジェクトとは?

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧