金融機関の融資判断・・・借り手と物件のどこを見ているのか?②

前回は、金融機関は「借り手」「物件」のどこを見て融資判断を下すのかを解説しました。今回は、銀行の融資判断のうち、不動産鑑定評価基準と銀行独自の指標を持つケースについて取り上げます。

各金融機関ごとの基準とシミュレートから総合判断

前回の続きです。

 

不動産鑑定評価基準は次のようなものです。

 

●不動産鑑定評価基準

・類似の不動産の取引事例との比較から求める方法

・借入金と自己資金に係る還元利回りから求める方法

・土地と建物に係る還元利回りから求める方法

・割引率から求める方法・借入金償還余裕率から求める方法

 

このような複数の方法から妥当性の高いものを組み合わせて総合的に利回りを求めるとされているようです。つまり、具体的な計算式は存在しないということです。

 

もう一つ収益還元評価には、DCF法と呼ばれる計算方法もあります。DCFとはディスカウントキャッシュフローの略で、不動産の保有期間中に得られる利益と、将来の予想売却価格を、現在価格に割り戻して計算します。DCF法は精度が上がる分、計算式もかなり複雑なものとなり、完全に不動産鑑定評価の領域となります。投資家としては知識として用語を知っているだけで十分です。

 

実際には「積算評価だけ」「収益還元評価だけ」といった偏った基準で判断する金融機関はありません。

 

「積算評価」「収益還元評価」の組み合わせと投資家の属性によって決まります。なかには「積算評価をより重視する銀行」もありますし、「収益還元評価をより重視する銀行」もあります。その判断の基準は各金融機関によって変わるところがあり、それらに加えて金利上昇や空室率をシミュレートして(ストレステストとも呼ばれています)、自行の基準を満たしていたら、融資を出しているのです。

 

地域の特徴などから、独自の指標を持つ銀行もある

そのほか、その銀行独自の指標を持つケースもあります。

 

不動産投資に積極的な地方銀行のなかには、東日本大震災以降は沿岸部の海抜レベル5メートル以下の物件を避けたり、熊本地震で倒壊した鉄骨のピロティ構造(1階が駐車場などで梁と柱だけで支える構造)で住戸が2階以上にある物件には融資をしないといった、リスクを避けるための厳密なマニュアルが決められているところもあります。その基準は非常に厳しく、この地方銀行が収益性はもちろんのこと、安全性にもしっかり力を入れているのが分かります。

 

結局のところ、銀行の融資が付くということは、銀行目線で見てある程度、賃貸経営が成立すると判断している物件となります。

 

銀行も好き好んですぐに返済が焦げ付いて回収不能になるようなプロジェクトにお金は出しません。そして、賃貸経営のライバルの大半は、経営意識やビジネススキルを持たない、地主のおじいちゃんや、おばあちゃんたちです。地方に行けばそれは特に顕著です。

 

ビジネスパーソンとして頑張っているあなたが、本業で培ったスキルを駆使するだけで、優位に立てることを忘れないでください。

 

また、ここまで紹介した融資基準はあくまで原稿執筆時点での評価基準であり、今後、金融庁の指導でいかようにも変わります。もっと言うと、同じ銀行内でも支店や担当者の違いで、融資への温度感も大きく変わります。原稿執筆時点で、「今後は融資が引き締めになる」といった噂を耳にする状態ですので、「買えるときに買っておく」という決断力が非常に重要となります。

T・Wealth Management 株式会社 代表取締役CEO

1979年生まれ、千葉県出身。金融業界を7年間経験した後、美容関連ビジネスで独立。
しかし、マーケットの価格破壊の煽りを受け、美容関連店舗を全て売却。
その後中堅デベロッパーに入社し、2年間用地の仕入れを行ったうえ、1棟収益不動産に特化したビジネスに転向し、仕入れ・販売共に相当な実績を積む。
2016年、T・Wealth Management 株式会社を創業、代表取締役CEOに就任。また同年、1棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も設立し、1棟収益不動産のマーケットで更なるシェア拡大を狙う。

著者紹介

株式会社T&Tハッピネス 代表取締役社長

1976年生まれ、神奈川県出身。BBT大学院にてMBA(Master of Business Administration)取得。デザイン業界、飲食業界を経験した後、不動産業界のデベロッパーに入社し、分譲マンションの販売・用地仕入れを行う。デベロッパーを2社経験した後、一棟収益不動産を専門に扱う会社に入り仕入れ・販売業務に携わる。2012年、株式会社T&Tハッピネス創業、代表取締役社長に就任。2016年3月には一棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も立ち上げた。

著者紹介

連載神速で資産形成を実現する「不動産投資ローン戦略」の立て方

本連載は、2017年8月15日刊行の書籍『区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

田中 竜太,太田 将司

幻冬舎メディアコンサルティング

不労所得を得るための方法として注目されている不動産投資。 中でも「少額から始められてリスクが低い」という理由から、投資用区分マンションを選択する人が増えています。しかし実際には、始めてみたはいいものの「毎月の収…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧