▲トップへ戻る
 FXトレードにおける「勝ちパターン」構築の重要性

今回は、 FXトレードにおける「勝ちパターン」構築の重要性について見ていきます。※本連載は、ファイナンシャルプランニングや中国ビジネスコンサル等を行う、株式会社Kanakogi Kenの代表取締役・鹿子木健氏の著書、『なぜ鹿子式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』(雷鳥社)の中から一部を抜粋し、FXの「勝ちパターン」について詳しく紹介します。

「手法」と「勝ちパターン」はまったくの別物

まゆ子さんは、野球に興味がありますか?

 

まゆ子 今はもうほとんど観ませんが、父が広島カープのファンで、実家にいる時は付き合わされていました(笑)。

 

まゆ子さん、広島出身だったのですね。

 

広島―阪神戦も観たことがあるはずですね。

 

かつて、阪神がらみで「JFK」という言葉が流行ったことがありました。ウィリアムス (Jeff Williams)・藤川 (Fujikawa)・久保田 (Kubota) の頭文字をつなげて、「JFK」といったのですね。3人が継投した試合で、阪神は17連勝しました。

 

阪神がリーグ優勝した2005年のデータによると、JFKの3人がそろって登板した試合の勝率は8割を越えていたそうです。

 

JFKの3人を登板させる。これだけでは手法です。しかし勝ち試合になる展開でJFKの3人を登板させるのが、阪神の「勝ちパターン」だったわけです。

 

「勝ちパターン」には、外的要因と内的要因があるといいました。内的要因、つまり自分の側の行動としては、この場合、JFKの3人を登板させるということなのですが、それ以外に外的要因、つまり環境が必要です。

 

その環境とは、「JFKが登板できる試合展開」です。

 

3人が登板する前に0対10で阪神が負けている展開だったなら、いくらJFKを登板させても勝てる確率は限りなく低いですよね。

 

監督も、大事な3人の投手を負け試合のマウンドに送るわけにはいきません。JFKを投げさせるということだけでは勝ちパターンとして成り立たず、5回なり6回までリードしているか少なくとも同点という試合展開があって初めて、「勝ちパターン」が成立するのです。

行動が正しくてもチャートの形が不利なら、勝率は低下

野球の話が長くなってしまいましたが、理解していただけたでしょうか?

 

まゆ子 はい、よくわかりました。

 

泰造さんとセイジ君はいかがですか?

 

泰造 野球のたとえはほんとうにわかりやすいですね。FXだけでなく仕事にも生かせそうです。

 

泰造さん、そうなのです。この考え方は、普遍的なものです。ですから、トレードで利益になるのはもちろん、他のほとんどすべての分野で活用することができます。

 

セイジ 僕も、ケンさんがなぜ「手法では勝てない、勝ちパターンが必要だ」と言っているのか、わかりました。

 

よかったです!

 

FXトレードにおける「勝ちパターン」では、「相場展開=チャートの形」という外部環境と、「利益になりやすいエントリータイミング、注文方法、イグジット( 利食い・損切り)」という一連の行動プロセスが両方必要です。

 

いくらチャートが勝てる形をしていても行動が伴わなければ勝てないですし、行動は正しくてもチャートがそもそも不利な形なら、勝てる確率はぐんと下がります。

 

どんな手法を使って取引してもかまいませんが、その手法を覚えて安心するのではなく、そのやり方で「勝ちパターン」を構築することを意識するといいと思います。

 

利益をもたらすのは、「勝ちパターン」だけなのです。

 

まゆ子 有利な試合展開と強い武器の投入であるということですね。手法というのは、武器の使い方だけだと考えると、勝ちパターンがなければ利益を出せないというのも、納得がいきます。

株式会社メデュ・代表取締役
5000万円の資産を形成するための
コミュニティ・ソフィアアセットマネジメントクラブ代表 

海外不動産、海外株式、商品CFD、株式指数CFD、ETF、外国為替証拠金取引(FX)、仮想通貨などの投資を幅広く経験。02~12年の10年間、中国に在住し教育ビジネスを展開した。同時に資産防衛分野での助言により中国人富裕層から大きな信頼を受ける。日本帰国後は、数千人に対し、資金管理を重視した投資助言(外国為替)を行い、多数の成功者を輩出した。著書は「一週間でマスターFX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?(雷鳥社)」「サラリーマンでも1年で1000万稼ぐ副業FX(ぱる出版)」「仮想通貨の超入門書(ぱる出版)」。

http://blog.kanakogiken.com

著者紹介

連載FXの勝ちパターン~鹿子木式に学ぶ

本連載は、2017年6月30日刊行の書籍『一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

 

一週間でマスター FX入門  なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?

一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?

鹿子木 健

雷鳥社

1日30分以上のトレード禁止! 時間をかけずに、のんびりやっても稼げるやり方があります。 それが、年利20~30%以上を稼ぐ鹿子木式! どうやったら、オイシイところで、 売ったり買ったりできるの? それを見分ける方法が…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧