FXの実例チャートから見る「売り・買い」のポイント

今回は、FXの実例チャートから見る「売り・買い」のポイントについて解説します。※本連載は、ファイナンシャルプランニングや中国ビジネスコンサル等を行う、株式会社Kanakogi Kenの代表取締役・鹿子木健氏の著書、『なぜ鹿子式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』(雷鳥社)の中から一部を抜粋し、FXの「勝ちパターン」について詳しく紹介します。

損切りと利益確定の反対売買を行う「ミッション001」

図表1の場合は「ミッション001(売り)」なので本体の売り注文、そして損切りと利益確定の反対売買のための買い注文を同時に出します。

 

「ミッション 001(買い)」の場合は、反対です。本体の買い注文、そして損切りと利益確定の反対売買のための売り注文を出すことになります。

 

図表1のチャートでは、ストップ(損切りの逆指値注文)とリミット(利食いの指値注文)をどこに置けばいいか、図解しています。

 

[図表1]ユーロ/スイスフランの日足チャート

「ミッション00(1 売り)」が発生している。+1σを終値で下抜けた次のローソク足で売り注文を出す。ストップは+2σ、リミットは‐2σ。

 

売りポジションをもった後、センターラインまで下落してきたら、突然相場が変動しても含み益(未確定利益)を失わないために、ストップ(逆指値注文)を売値より下に移動します。

 

図表2のチャートでは、どのようにストップ(逆指値注文)を移動すればよいか図解しています。

 

[図表2]ユーロ/スイスフランの日足チャート

センターラインを下抜けたら、+2σのストップを売値より下に移動して、下落しても上昇しても利益になる状態へもっていく。

+1σと-1σを越えるかどうかで、相場はがらりと変わる

これで、「ミッション001」の一連の手順は理解していただけましたね。

 

「ミッション 001 」の肝となる部分は、ボリンジャーバンドの+1σと-1σの特性を利用することです。

 

+1σ(-1σ )は、ボリンジャーバンドの5本の線のなかでも特に重要だと私は考えています。どのように重要なのか、セイジ君に質問してもいいですか?

 

セイジ  当てられないようにケンさんと目を合わせないようにしてたのに!(笑)まあ、それは冗談として、これまでケンさんが説明のために出してくれたチャートを何枚も見ていると、+1σ(-1σ)を越えるかどうかで、相場ががらりと180度変化するような印象を持ちました。

 

セイジ君、ブラボーです。それをわかってほしかったのです。

+1σ(-1σ )を越えるか越えないかで、ほんとうに相場の顔が変わるのです。

 

まゆ子  でも、それはなぜなのでしょう?

 

良い質問です!たとえば+1σは、安く買っていた市場参加者が利食いしたくなる水準であり、高値づかみした市場参加者が損切りしたくなる水準です。

 

いったん+1σを割って下落すると、買い方か たの利食いの売り注文と買い方か たの損切りの売り注文、そして新規参入してくる市場参加者の売り注文が殺到し、一気に下落する展開になる可能性が高くなります。

 

買いの場合はその逆です。-1σが相場の転換点であり分岐点です。いったん-1σを上抜けたら、同様のロジックで一気に上昇していく可能性が高くなります。

 

もう一つ、「ミッション 001 」で利益にするために不可欠なポイントがあります。それは…

 

泰造  レバレッジですね。

 

その通りです。レバレッジは、口座に入れた証拠金の最大でも3倍、通常1~2倍以内を推奨しています。同時に複数の通貨ペアでトレードすることもあるため、1通貨ペアあたり(1トレードあたり)、レバレッジは0.5倍程度が目安となります。

 

高いレバレッジをかけることに慣れてしまっている人は、レバレッジが低すぎると感じると思いますが、これで十分すぎるほどの利益になりますから、心配ご無用です。

株式会社メデュ・代表取締役
5000万円の資産を形成するための
コミュニティ・ソフィアアセットマネジメントクラブ代表 

海外不動産、海外株式、商品CFD、株式指数CFD、ETF、外国為替証拠金取引(FX)、仮想通貨などの投資を幅広く経験。02~12年の10年間、中国に在住し教育ビジネスを展開した。同時に資産防衛分野での助言により中国人富裕層から大きな信頼を受ける。日本帰国後は、数千人に対し、資金管理を重視した投資助言(外国為替)を行い、多数の成功者を輩出した。著書は『一週間でマスターFX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』(雷鳥社)『サラリーマンでも1年で1000万稼ぐ副業FX』(ぱる出版)『仮想通貨の超入門書(ぱる出版)』。

http://blog.kanakogiken.com

著者紹介

連載FXの勝ちパターン~鹿子木式に学ぶ

本連載は、2017年6月30日刊行の書籍『一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

一週間でマスター FX入門  なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?

一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?

鹿子木 健

雷鳥社

1日30分以上のトレード禁止! 時間をかけずに、のんびりやっても稼げるやり方があります。 それが、年利20~30%以上を稼ぐ鹿子木式! どうやったら、オイシイところで、 売ったり買ったりできるの? それを見分ける方法…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧