今回は、FX投資の勝ちパターン「ミッション 001」の売りのポイントを見ていきます。※本連載は、ファイナンシャルプランニングや中国ビジネスコンサル等を行う、株式会社Kanakogi Kenの代表取締役・鹿子木健氏の著書、『なぜ鹿子式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』(雷鳥社)の中から一部を抜粋し、FXの「勝ちパターン」について詳しく紹介します。

売値下ストップを置くタイミングは「最初の利食い

【「ミッション 001」 ―― 売り のまとめ】

 

◆ 環境…+1σより上を9本以上バンドウォーク(+1σの上を歩くように動くこと)した後、ローソク足終値が+1σを下回ったら、注目!

 

◆ レバレッジ… 一度の取引で0.5倍程度、最大でも1倍以内

★ 口座に入れている証拠金の1倍以内です。

 

◆ エントリー… 売買予定額の4分の1を成行注文で打診売り(その時の市場価格で少しだけ売って様子をみる)。

残りの4分の3は打診売りより上、+1σより少し上までの範囲に売りの指値注文を置く。

★ 一度に売らない理由は、値上がりリスクに備えるため。

 

◆ 損切り(ロスカット)…+1σを終値で上回った時点/ストップロス( 損切りの逆指値注文)は、+2σが目安。

 

◆ 利食い( 利益確定)… センターライン近辺で半分、-1σ近辺で4分の1、-2σ近辺で最後の4分の1。

*どこまで下落するかわからないため、利食いを分散させる。

 

◆ 売値下ストップ(逆指値注文)を置くタイミング… 最初の利食い(利益確定)をした時。

★ ストップを売値の下に移動すれば、急騰しても利益を出したまま取引終了できる。

 

◆ 指値注文を取り消すタイミング… 最初の利食い( 利益確定)をした時点、または売値下ストップ(逆指値注文)を置いた時点。

 

◆ 推奨時間足… 日足以上(4時間足以上は可)

 

◆ 推奨取引時間帯… いつでもOK(ただし毎日同じ時間帯にする)

★ より確実性を追求するなら週足や月足で下落基調時に「ミッション 001」の売りエントリーを狙うとよい。

 

[図表1]ドル/カナダの日足チャート

ローソク足終値が+1σを下抜けたら、その次の足で売り注文を出す。センターラインで半分利食い、-1σで4分の1利食い、-2σで最後の4分の1を利食い。

 

[図表2]ポンド/ドルの4時間足チャート

ローソク足終値が+1σを下抜けたら、その次の足で売り注文を出す。センターラインで半分利食い、-1σで4分の1利食い、-2σで最後の4分の1を利食い。

 

[図表3]ユーロ/円の週足チャート

ローソク足終値が+1σを下抜けたら、その次の足で売り注文を出す。センターラインで半分利食い、-1σで4分の1利食い、-2σで最後の4分の1を利食い。

 

[図表4]ユーロ/ドルの4時間足チャート

ローソク足終値が+1σを下抜けたら、その次の足で売り注文を出す。センターラインで半分利食い、-1σで4分の1利食い、-2σで最後の4分の1を利食い。

 

[図表5]カナダドル/スイスフランの日足チャート

ローソク足終値が+1σを下抜けたら、その次の足で売り注文を出す。センターラインで半分利食い、-1σで4分の1利食い、-2σで最後の4分の1を利食い。

 

[図表6]スイスフラン/円の4時間足チャート

ローソク足終値が+1σを下抜けたら、その次の足で売り注文を出す。センターラインで半分利食い、-1σで4分の1利食い、-2σで最後の4分の1を利食い。

日足で発生した「ミッション 001」は年間平均81回!?

まゆ子  でも、大きなトレンドが終わるタイミングだけしか取引できないなら、取引のチャンスは限られるのではないですか?

 

たしかにそうですね。2013~15年の3年間に、推奨20通貨ペアの日足で発生した「ミッション 001」は244回でした。分析してみると、168勝76敗、勝率68.85%ですね。

 

日足で発生した「ミッション 001」の平均回数は年間81回です。週足、4時間足、1時間足等を含めれば、年間数千回は下らないと思います。日足の取引に限っても、年間81回も、「あと出しジャンケン」で利益にするチャンスがあるわけです。

 

日足以上のスイングトレードをする人が、もっと多くの取引機会を得るために、「ミッション 002」以降の「勝ちパターン」があります。

 

一度にたくさん頭にいれすぎると混乱してしまうので今回はご紹介しませんでしたが、ミッション 002以降では以下の勝ちパターンを扱っています。

 

トレンドの初動に乗る、レンジ(上下に行ったり来たりする相場)で利益にする、押し目買いや戻り売り、わかりにくい相場を味方につける、抵抗ラインを見抜く、大底で買い天井で売る、長期投資。これらの勝ちパターンはオンラインスクールやセミナーでお伝えしています。

 

たとえば「ミッション 002」は、流行が始まってすぐに安く買い、流行が終わる前に高く売り抜けるというものです(売りはその逆)。

 

001と002の二つの「勝ちパターン」を知るだけでも、トレンドが始まっても利益にでき、終わっても利益にできる仕組みを手に入れることになります。もちろん、001を知るだけでも一生勝ち続けることが可能だと私は思っています。ですから、安心してください。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2017年6月30日刊行の書籍『一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
    投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

    一週間でマスター FX入門  なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?

    一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?

    鹿子木 健

    雷鳥社

    1日30分以上のトレード禁止! 時間をかけずに、のんびりやっても稼げるやり方があります。 それが、年利20~30%以上を稼ぐ鹿子木式! どうやったら、オイシイところで、 売ったり買ったりできるの? それを見分ける方法…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ