書籍詳細

『認知症の家族を守れるのはどっちだ!?成年後見より家族信託』

認知症の家族を守れるのはどっちだ!?成年後見より家族信託

石川 秀樹

出版社名:ミーツ出版

発行年月:2019年4月

認知症による預金凍結を防ぐ。名義を移してお金“救出”信託こそが庶民の知恵。カラーイラスト、読みやすい文章、豊富な信託事例。

第1部 認知症と戦うー財産凍結の時代が来た!成年後見より家族信託を使え
第2部 受益権に切り込むー家族信託が民法でできないことを可能にしてしまう理由
第3部 家族信託の事例ー第2受益者を置けることが家族信託の大きな魅力に


静岡県家族信託協会
行政書士

1950年静岡市生まれ。早稲田大学第一政経学部卒。静岡新聞記者40年、元編集局長。62歳で相続専門の行政書士開業。2016年に家族信託に出会う。同時に成年後見制度を知ることとなり、記者として家族として疑問に思うことが多く、2018年7月静岡県家族信託協会を設立。『静岡県家族信託協会のブログ』では、主張を述べている。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧