[連載]不動産投資を成功に導く「銀行融資」交渉術

不動産投資において、最大の関門ともいえる「融資」。本連載は、カーター校長として親しまれている河田康則氏の新刊で、2014年4月に刊行された『金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資』(ぱる出版)の中から一部を抜粋し、融資交渉のノウハウなどをご紹介します。

本連載の著者紹介

外資系保険会社の元支社長で相続が専門分野。1989年より株式投資、1993年より不動産投資に挑戦し、倍々で資産を増やし続け、資産は約7.5億円(不動産6.5億円株式その他1億円)、家賃収入は約5000万となる。
教え好きな性格と姓の「かわた」からカーター校長として親しまれている。2013年5月、自らのブログにて“カーター行列の法則”により株の暴落を的中させ暴落直前に売却。カリスマ投資家として注目を浴びるようになる。
著書に「人が一番!融資が本命!」をテーマにした“物件が高い、今からの不動産投資”について書籍名『「不動産投資」ゼロから儲ける 一年生の教科書』を執筆。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧