[連載]後悔せず見送るために実践すべき「家族の終活」

どんな人でも懸命に生きたその先に、必ず死を迎える。
大切な人生の終わりを“つらい最期"にしないために何ができるのか――。


高齢者医療に携わる医師が、「死」を取り巻く日本の今を取り上げつつ、
ここ数年で医療現場等でも注目されるようになってきた新しい終末期医療や看取りのあり方、それに加えて自分の最期をどのように考え、誰にどう意思表示をすればいいかを徹底的に解説します。

本連載の著者紹介

医療法人社団弘惠会杉浦医院 理事長

1988年、千葉大学医学部卒業。
千葉県救急医療センターに勤務後、千葉大学医局研修を受け、千葉大学大学院で医学博士号取得。
大宮赤十字病院に勤務し、2003年より医療法人社団弘惠会杉浦医院院長、2004年より同医院理事長。
日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント取得。埼玉県立大学にて講師を務めている。
大学卒業以来25年にわたり高齢者医療に携わっており、地域医療を充実させるために末期癌患者への在宅医療も行う。
著書に『死ねない老人』(幻冬舎メディアコンサルティング・2017年)がある

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!