「終活」流行のリアル…日本人の97.3%が実践していないこと

2025年には、65歳以上の人口が国民全体の30%になることが見込まれています。それに加えて、日本社会では、後期高齢者の人口増加が最大の課題になっています。見送る家族が高齢者と共に最高の最期を迎えるためにはどうすればよいのでしょうか。本記事では、日本人の2.7%しか実践していない「終活準備」について見ていきます。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

終活ブームとはいえ、「死」を考えるのは簡単ではない

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

近年、日本では「終活」がブームのようになっています。

 

人生の終わりを見据え、医療・介護をどうするか、葬儀や墓をどうするか、身辺整理、相続、認知機能が衰えたときのための後見人制度など、さまざま話題がメディアで取り上げられています。終活に関する書籍もたくさんありますし、民間事業者や自治体が実施する市民講座なども増えています。

 

今は新型コロナウイルスによって集会型の講座は難しくなっていますが、むしろ「死」を想像しやすくなった社会心理を反映してか、大手出版社の週刊誌には「死ぬまでにやっておきたい手続き」といった記事がたびたび登場しています。

 

来るべき「死」に備えなければならないということは、多くの人が感じ始めている切実な問題なのでしょう。

 

しかしながら、実際に「人生の最終段階における医療・ケア」について身近な人と話し合ったことがある人は、まだごく少数にとどまっています。

 

厚生労働省が行った調査によると、一般国民で人生の最終段階における医療・ケアについてこれまでに「考えたことがある」と回答した人は59.3%と、半数以上に上っていました。家族や医療関係者などと実際に「詳しく話し合ったことがある」という人は、わずか2.7%でした。

 

「一応話し合っている」という人も36.8%で、二つを合わせても4割に届かない状況であり、これは4年前の調査と比べてもほとんど変わっていません。

 

そして、「話し合いをしたことがない」6割以上の人に、その理由を尋ねたところ、「話し合うきっかけがなかった」という人が半数以上の56.0%を占めています。次いで、「話し合う必要性を感じない」(27.4%)、「知識がないため、何を話し合っていいのか分からないから」(22.4%)といった理由が挙がっており、「話し合いたくない」という人は5.8%でした。話し合わなければいけないのは知っているが、いつ、どんなことをすればいいのか分からない。そんな国民の戸惑いがうかがえる結果となっています。

 

(厚生労働省「平成29年度人生の最終段階における医療に関する意識調査」報告書より)
[図表]人生の最終段階における医療に関する関心 (厚生労働省「平成29年度人生の最終段階における医療に関する意識調査」報告書より)

 

なかには、この厚生労働省の調査は病気のある人もない人も含めた幅広い年代の人が対象のため、「話し合っていない」人の割合が高いのかもしれない、と想像した人もいるかもしれません。

 

しかし、東京都健康長寿医療センターが外来患者の高齢者(つまり病気をもつ高齢者)約970人を対象に行った調査でも、終末期医療について家族や友人と「話し合ったことがある」という人は44%であり、さらにそれを文書などの記録に残している人は12%にとどまっていました。一方、「話し合ったことがない」人は48%、無回答が8%で、全体的な傾向は厚生労働省調査と大きな違いはないことが分かります。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

医療法人社団弘惠会杉浦医院 理事長

1988年、千葉大学医学部卒業。
千葉県救急医療センターに勤務後、千葉大学医局研修を受け、千葉大学大学院で医学博士号取得。
大宮赤十字病院に勤務し、2003年より医療法人社団弘惠会杉浦医院院長、2004年より同医院理事長。
日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント取得。埼玉県立大学にて講師を務めている。
大学卒業以来25年にわたり高齢者医療に携わっており、地域医療を充実させるために末期癌患者への在宅医療も行う。
著書に『死ねない老人』(幻冬舎メディアコンサルティング・2017年)がある

著者紹介

連載後悔せず見送るために実践すべき「家族の終活」

続・死ねない老人

続・死ねない老人

杉浦 敏之

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな人でも懸命に生きたその先に、必ず死を迎える。 大切な人生の終わりを“つらい最期"にしないために何ができるのか――。 「死」を取り巻く日本の今を取り上げつつ、 自分の最期をどのように考え、誰にどう意思表示…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧