現役医師が語る「20〜30代から終活を始めるべき」の真相は…

2025年には、65歳以上の人口が国民全体の30%になることが見込まれています。それに加えて、日本社会では、後期高齢者の人口増加が最大の課題になっています。見送る家族が高齢者と共に最高の最期を迎えるためにはどうすればよいのでしょうか。本記事では、なぜ若いうちから終活を始めるべきなのか、医療法人社団弘惠会杉浦医院理事長の杉浦敏之氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

まずは「自分の死」をイメージすることが重要

すでに1日あたり国民の3000人以上が亡くなる多死社会に入りつつある今、今後の生き方・死に方の話し合いは、日本社会の待ったなしの課題です。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

やはりACP(人生会議)は、死が予想される段階になっていきなり、というよりも、時間的にも精神的にも余裕があるとき、落ち着いてものを考えられるときから話し合いをしておくことをおすすめしたいと思います。

 

私は、高齢の親をもつ40~60代くらいの世代なら、まず「自分の死」をイメージしてみるといいと思っています。

 

20~30代の若者にとっては自分の死はあまりにも遠いことで、現実感がないと思いますが、40~50代になると身の回りに命に関わる病気を経験する人も少しずつ増え、親世代の老いや死にも向き合わざるを得なくなります。自分の心身の状態が年とともにどう変わっていくか、病気が進んで回復の見込みが少なくなったときにどこでどんなふうに残る人生を過ごしたいか。そうした自分の将来の姿を一度、じっくりと想像してみてください。

 

仕事や家事で多忙な現役世代はなかなか落ち着いて考える時間をとりにくいかもしれませんが、「自分の死」を考えてみることは、これから人生の最終段階を迎える親世代を見送るときの思考の訓練にもなります。

 

「死」を含むこれからの人生についてより具体的に考えるのであれば、「エンディングノート」を活用するのもいいでしょう。

 

エンディングノートはこれまでの人生を振り返り、身近な人に知っておいてほしいこと、死への準備で必要なことなどをまとめて記録しておけるツールです。市販のものもたくさんありますし、最近は自治体の地域包括支援センターや地域の医師会などが作成し、市民に無料で配布しているケースもあります。

 

\\10/2(土)開催//
フィリピン・シンガポールを活用した資産防衛術…世界の富裕層が実践する資産保全術を公開!

医療法人社団弘惠会杉浦医院 理事長

1988年、千葉大学医学部卒業。
千葉県救急医療センターに勤務後、千葉大学医局研修を受け、千葉大学大学院で医学博士号取得。
大宮赤十字病院に勤務し、2003年より医療法人社団弘惠会杉浦医院院長、2004年より同医院理事長。
日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント取得。埼玉県立大学にて講師を務めている。
大学卒業以来25年にわたり高齢者医療に携わっており、地域医療を充実させるために末期癌患者への在宅医療も行う。
著書に『死ねない老人』(幻冬舎メディアコンサルティング・2017年)がある

著者紹介

連載後悔せず見送るために実践すべき「家族の終活」

続・死ねない老人

続・死ねない老人

杉浦 敏之

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな人でも懸命に生きたその先に、必ず死を迎える。 大切な人生の終わりを“つらい最期"にしないために何ができるのか――。 「死」を取り巻く日本の今を取り上げつつ、 自分の最期をどのように考え、誰にどう意思表示…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧