恐ろしい…独居父が「自宅死」虐待を疑われ6時間の事情聴取等

2025年には、65歳以上の人口が国民全体の30%になることが見込まれています。それに加えて、日本社会では、後期高齢者の人口増加が最大の課題になっています。見送る家族が高齢者と共に最高の最期を迎えるためには、どのようなことをおこなうべきでしょうか。本記事では、1人暮らしの高齢者が亡くなったあと、どんなものが遺族を待ち受けているのか、事例とともに見ていきましょう。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

一人暮らし高齢者が亡くなると必要になる「検視」とは

終末期や救命に関わる社会資源には、救急隊や救命救急センターなどのほかに、警察もあります。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

一人暮らしの高齢者が在宅で容態が悪くなり、心肺停止の状態で第三者が発見した場合は、警察に通報するのが基本です。救急隊員が駆けつけた時点で救命の可能性がないと判断したときも警察が呼ばれ、検視となります。

 

検視とは、おおまかにいえば、死因が分からない死亡(変死・異常死)に対し事件性・犯罪性がないかを確認するために遺体を調べる手続きです。病院の管理下で死亡したときや、在宅でも治療中に死亡し、かかりつけ医が死因に不審な点がないと確認できれば検視は不要になりますが、それ以外の死亡はすべて検視の対象になります。

 

より正確には、警察官や検察官が体の表面を見て調べるものを「検視」といい、監察医や法医学者が医学的に死因を調べる作業を「検案」といいます。画像検査で死因を調べるAi(オートプシーイメージング:死亡時画像診断)も検案の手法の一つです。

 

また事件の可能性がある場合は、医師が遺体を解剖して死因を特定する「司法解剖」が行われることもあります。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

医療法人社団弘惠会杉浦医院 理事長

1988年、千葉大学医学部卒業。
千葉県救急医療センターに勤務後、千葉大学医局研修を受け、千葉大学大学院で医学博士号取得。
大宮赤十字病院に勤務し、2003年より医療法人社団弘惠会杉浦医院院長、2004年より同医院理事長。
日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント取得。埼玉県立大学にて講師を務めている。
大学卒業以来25年にわたり高齢者医療に携わっており、地域医療を充実させるために末期癌患者への在宅医療も行う。
著書に『死ねない老人』(幻冬舎メディアコンサルティング・2017年)がある

著者紹介

連載後悔せず見送るために実践すべき「家族の終活」

続・死ねない老人

続・死ねない老人

杉浦 敏之

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな人でも懸命に生きたその先に、必ず死を迎える。 大切な人生の終わりを“つらい最期"にしないために何ができるのか――。 「死」を取り巻く日本の今を取り上げつつ、 自分の最期をどのように考え、誰にどう意思表示…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧