始まりは紀元前4000年!? 「ビールの歴史」を振り返る

前回は、「ビールの抗酸化作用」について説明しました。今回は、現代のビールがどのように形作られたのかを見ていきます。

昔は病気の予防薬としても飲まれたビール

今でこそビールは嗜好飲料として愛飲され、ようやく最近になって健康効果が科学的に証明されつつありますが、遥か昔には薬として用いられていました。

 

ビールの歴史には諸説ありますが、紀元前4000年以上前までさかのぼります。メソポタミアで人類が農耕生活を始めた頃、放置してあった麦の粥に酵母が偶然入り込み、自然に発酵したのが起源とされています。

 

最古の記録は、約5000年前にメソポタミアのシュメール人が残したとされる「モニュマン・ブルー」と呼ばれる粘土板に、当時のビールの造り方が描かれています。この地方は気温が高いために水が腐りやすく、生水が飲用に適さなかったこともあって、ビールは安全で栄養価の高い飲み物とされていました。

 

その後、ビール造りはシュメールからバビロニアやエジプトに伝わり、紀元前3000年頃にはすでにエジプトでもビールは飲まれていました。肥沃なナイル川で収穫された大麦を原料に造られ、『死者の書』やピラミッドの壁画にも大麦の栽培やビールの醸造が数多く残されています。

 

当時は「液体のパン」といわれ、胃薬や流行病の予防薬として、また手足の打撲の湿布薬として使われていたようです。女性などは若さを維持するためにビールで洗顔していたともいわれていますので、クレオパトラも愛用していたかもしれません。

 

中世になると、ヨーッロッパ各地の修道院で、「グルート」と呼ばれるハーブを使った良質のビールが造られるようになりました。修道士たちは断食の期間の栄養補給や薬として利用したり、来客をもてなしたり、収入を得るためにビールを造っていたといわれています。

8世紀頃、抗菌作用のあるホップを使ったビールが出現

その後、8世紀頃にドイツのバイエルン地方で、初めてホップが使われるようになりました。そのきっかけは定かではありませんが、アルコール濃度の低いビールは腐敗しやすいために、抗菌作用の強いホップが利用されたのではないかといわれています。

 

この抗菌作用のあるホップを使ったビールが各地に伝わり、15~17世紀の大航海時代には腐りやすい水に代わる飲料水としてビールが用いられ、脚気の予防にも役立ったそうです。

 

日本へは、18世紀後半に江戸で盛んになった蘭学によってビールが紹介されました。鎖国時代に西欧文化の唯一の窓口だった長崎の出島にオランダからもたらされ、蘭学者たちがビールの試飲や試作をしたといわれています。

 

日本人として初めてビールの醸造所を開設し販売をしたのは、大阪・堂島の渋谷庄三郎による「渋谷ビール」とされています。その後、ビール会社が次々と誕生しました。当初はまだ高価だったこともあって、健康効果をうたって薬局で販売されたという記録も残っています。

 

現在もヨーロッパでは民間療法として、スタウト(大麦を黒くなるまでローストして造られたビール)に卵を入れた「エッグスタウト」が風邪をひいたときに飲まれています。これは、日本の卵酒のようなものと思われます。

 

また、ホップの産地では、枕の下に乾燥したホップを入れて眠る人もいるほど、ホップには精神安定作用があるといわれています。

特定医療法人大坪会「小石川東京病院」院長 医学博士

1988年日本大学医学部卒業。専門は脊椎外科。医療連携・地域医療を重点的に行い、腰痛や高齢者医療についての講演も多数。平成23年より現職。高いレベルの脊椎手術と納得感のある丁寧な説明が、患者から信頼を得る。得意分野は脊椎手術全般、骨粗しょう症の治療。
海外文献にも豊富な知見をもち、イギリスで進むビールの健康効果に関する研究に注目。予防医学や健康に貢献するとして情報公開を積極的に進める。

著者紹介

連載「体の酸化」を食い止めるビールの健康効果

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

大川 章裕

幻冬舎メディアコンサルティング

ビールで病気を予防する⁉︎ ビールが老化や病気の原因となる「体の酸化」を防ぐ効果が高いと聞いたら驚く人は多いでしょう。 しかし、ビールは古くから健康維持に用いられた歴史を持っており、近年ではその効果が科学的に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧