長期インターン生の受け入れにはいくら「コスト」がかかるのか

前回は、長期インターンシップのプログラムを紹介しました。今回は、長期インターン生受け入れにかかる「コスト」について見ていきます。

コストパフォーマンスのよい人材活用術

インターンシップというとコストがかからないイメージがあるかもしれませんが、もちろんすべて無料というわけではありません。

 

長期インターンシップにかかる費用は学生へ支払う活動支援金と、災害傷害保険や賠償責任保険などの保険料、コーディネート機関に払う手数料があります。

 

あとは各企業がどれだけコストをかけるかです。私の会社の場合、学生の日々の交通費や出張の際にかかるホテル代や食事代などの経費などを負担しているので、学生一人あたりに換算すると一カ月あたり約14万円の人件費となります。そのほか、昼食や夕食など、毎日のように学生を連れて食事に行っています。

 

また、私の会社にくる学生たちは、半年間のインターンシップ期間が終了したら8割ほどがアルバイトとして会社に残ってくれています。

 

その際にかかるコストは時給1000円と交通費、経費のみ。半年間のプロジェクトを終え、会社の業務もある程度覚え、モチベーションが高まっているスーパー大学生の力を時給1000円で活用することができるのです。

 

もちろん、コストがすべてというわけではありませんが、中小企業にとって人件費は非常に大きな問題です。「優秀な人材を雇いたいけど、コストをかけることができない」と、挑戦をあきらめていた経営者にとって、これほどコストパフォーマンスのよい人材活用術はあるでしょうか。

 

[図表]長期インターン生受け入れにかかるコスト例

 

インターン生はやる気にあふれてよく働き、「会社のために」という気持ちで活動してくれています。かかってきた電話も率先して取りますし、頼みごとをすればすぐに取り組んでくれる。既存社員と同じくらい働いてくれると言っても過言ではありません。

 

このように前向きに働いてもらうためにはモチベーションアップが不可欠です。その仕掛けとして、インターン生には常に競争意識を持つよう働きかけています。そのためにも、同時に複数のインターン生を活用することが大切です。

 

一人だけだと孤立感を抱えてしまい、悩みがあっても吐き出せずにつぶれていきます。仲間がたくさんいればいるほど、お互いにフォローし合い切磋琢磨することができるのです。

 

その結果私の会社では半年のインターン期間が終わってからも、8割くらいの学生がアルバイトとして通い続け、さらに社員になりたいと手を挙げてくれる学生にも恵まれています。

優秀な人材を効率よく低コストで集めることができる

インターンからアルバイト、アルバイトから正社員になる過程で求められるハードルはどんどん上がっていきます。その間インターン生一人ひとりの行動を注意深く見ていれば、自ずとその人となりを見極めることができます。

 

わずか数分の面接で大手からこぼれた学生を拾うよりも、よほど効率よく優秀な人材を集めることができるのです。インターンシップを導入したことで、私の会社では新卒のリクルーティングは一切しなくてよくなりました。

 

従来の採用の場合、一旦正社員として雇ってしまうと会社の求める人材像と違っていたからといって退職させることはできません。しかし、いくら人材が不足しているからといって、中小企業が力を発揮できない人を雇う余裕はありません。

 

数回会っただけで採用するリスクを考えると、長い時間をかけて能力を見極め、信頼関係を築いた人を採用することができるのも長期インターンシップの大きなメリットです。

 

まだ何色にも染まっていない学生を受け入れ、仕事を通してその能力を引き出し、やる気のある優秀な人材を育成できる。これは一種の投資といえます。リクルート費に年間数百万円かけるなら、その分をインターン生受け入れに使うほうがより堅実な経営判断といえるのではないでしょうか。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社丸八テント商会 代表取締役社長

    1960年愛知県生まれ。1979年名古屋市立工芸高校卒業後、祖父が1951年に創業した丸八テント商会に入社。職人として製造現場で経験を積んだ後、海外の店舗で使用されるオーニングなどを撮影し、全6冊にも及ぶ世界のテントフォトブックを営業ツールとして自作。2005年の愛・地球博や2010年の上海万博では、大手企業の展示会ブースを手がけるなど、卓越した発想力と行動力でテント業界に新しい風を吹き込む。
    いち早くインターネットビジネスを活用し、自社HPのPV数(閲覧者)は1日に800~1000人となるなど“営業しない営業”のモデルを構築、他社との差別化を図る。また、伝統技術を活かした西陣帆布、西陣カーボンをプロデュース。JAPANブランド育成支援事業として経済産業省の認定を得る。伊東豊雄が設計した、“みんなの森・ぎふメディアコスモス”のグローブに携わる。
    2015年には、映画「シン・ゴジラ」の劇中で使用されたテントを施工した。“ものづくりから、ひとづくり”を信条に、これまで培ってきたプロデュース力を活かして、地域の中小企業を応援しようとミチカラプロジェクトを発足。地域の役に立てるテント屋さんを目指している。一般財団法人日本国際協力センター(JICE)国際協力機関「外国人が日本で働く」セミナー講師をはじめ、各地でセミナー講師を務める。

    2000~2001年 日本テントシート工業組合青年部会長
    2003~2005年 愛知万博飛行船Bプロジェクト実行委員
    2016年~ 愛知県テントシート工業組合理事長

    著者紹介

    連載事業拡大を実現する「長期インターン」活用戦略

    本連載は、2016年11月12日刊行の書籍『事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    佐藤 均

    幻冬舎メディアコンサルティング

    中小企業にとって「採用」は非常に大きな問題です。新卒学生の大手志向が進み、中途採用も思うようにはできない時代。優秀な人材ほど条件面で折り合わない等の問題があり、人材獲得は困難を極めます。しかも、中小企業における…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ