永遠のテーマともいわれるのが、家の選び方。「購入」か「賃貸」か、どちらがいいのかという議論に明確な答えはありませんが、1億円を貯めてFIREした寺澤伸洋氏はどのような結論を出したのでしょうか? 寺澤氏による著書『ぶっちゃけFIRE 手取り25万円で子育てしながら1億円ためる方法教えます』(主婦と生活社)より一部を抜粋し、ご紹介していきましょう。

持ち家派か、賃貸派か…私たちの出した結論

家は人生で最も高い買い物のひとつだと言われています。そのため、よく雑誌やネットで「持ち家派か、賃貸派か?」という論争がなされているのを見かけますが、僕たちの結論は賃貸でした。

 

これは、いい物件に出合わなかったからとか、タイミングが合わなかったからという理由ではありません。夫婦で議論し、「資産形成や人生設計において、家を買うことはあまりいい影響を及ぼさない」と考えたうえで、賃貸を選んでいます。そう考える理由は次のとおりです。

 

・必要な家の広さや部屋数はその時々で変化する

・家を買うと、その場所から動

・35年後のことは誰にもわからない

 

必要な家の広さや部屋数はその時々で変化する

今、あなたが家を購入するなら、どれくらいの広さや部屋数の家を検討しますか。「小さい子どもがふたりいるから、将来の子ども部屋のことも考えると4LDKくらい必要だよね」といったことを考えるのではないでしょうか。

 

しかし実際のところ、子どもが小さいうちは部屋を与える必要がありません。小学校の高学年でようやく部屋を与えるかどうかなのです。

 

ちなみに寺澤家では、上の子が中学生になったときに部屋を与えました。FIREして2年経ち、現在は大学3年生ですから、あと1年ほどしたら就職して家を出ていってしまうことでしょう。

 

そう考えると、子どもに部屋が必要な期間というのは、せいぜい10年くらいです。そしてその10年が過ぎ、子どもたちが全員出ていったあと、はたして夫婦ふたりで3LDKや4LDKの広さの家は必要なのでしょうか。

 

このように家を購入しようとすると、現在のライフステージにかかわらず、「将来部屋数が最も多く必要になる時期」にあわせた大きさの家を検討してしまいがちです。しかし、ずっと4LDKの部屋に住むのではなく、2DKでいいときは2DKに住んでおき、3LDK、4LDKが必要になったらそのときに住居を変える。

 

また子どもたちが巣立って2DKで十分になったら引っ越す、という選択をすることで、人生においてトータルの家賃を大幅に引き下げることができるのです。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月30日(火)開催
最新の経済状況から不動産市場を分析
「マレーシア不動産投資戦略」

 

【国内不動産】8月3日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

次ページ家を買うと、その場所から動けない

※本連載は、寺澤伸洋氏の著書『ぶっちゃけFIRE 手取り25万円で子育てしながら1億円ためる方法教えます』(主婦と生活社)より一部を抜粋・再編集したものです。

ぶっちゃけFIRE 手取り25万円で子育てしながら1億円ためる方法教えます

ぶっちゃけFIRE 手取り25万円で子育てしながら1億円ためる方法教えます

寺澤 伸洋

主婦と生活社

◆誰にでも再現できる、1億円貯める方法教えます! kindleで大人気のFIRE本のバイブル『子どもを2人育てながら1億円貯めた夫婦の40代FIREまでの道のり』を大幅に改稿して単行本化。子育てをしながら、40代で1億円ためてFIREを…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧