成長著しい「東南アジア経済」に貢献した500社…「フィリピン」からは38社がランクイン!

6月24日週「最新・フィリピン」ニュース

成長著しい「東南アジア経済」に貢献した500社…「フィリピン」からは38社がランクイン!
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。フォーチュン誌が新設した「Fortune Southeast Asia 500社」に選ばれた東南アジアの企業をみていくとともに、フィリピンの主要産業であるIT-BPM業界の最新動向について注目していきます。

成長著しい東南アジアに注目!フォーチュン誌による新格付け

フォーチュン誌は東南アジアの経済に貢献した企業500社をランキングする「Fortune Southeast Asia 500」を発表し、フィリピンからは38社がランクイン。サンミゲル(9位)、SM Investments Corp. (27位)、マニラ電力(34位)などが入りました。ランキングは2023年12月31日までの各社の最終業績の総収入に基づいています。

 

他の国についてみていくと、インドネシアが110社で最多、タイが107社、マレーシアが89社、シンガポールが84社、ベトナムが70社、カンボジアが2社でした。

 

このリストの創設は、東南アジアがダイナミックで急速に変化している地域であることを示しており、ASEAN主要国の経済成長率は日欧米よりもはるかに高くなっています。これは、多くのフォーチュングローバル500社がサプライチェーンを東南アジアに移転させていることが一因です。

 

首位はシンガポールに拠点を置く商品トレーダーのトラフィギュラで、売上高は2,440億ドル。2位はタイの石油・ガス会社PTT、3位はインドネシアの石油・ガス会社プルタミナ、4位はシンガポールの農業会社ウィルマー・インターナショナル、5位はシンガポールの農業関連企業オラム・グループが続きました。

 

トップ10は主に石油・ガス会社と農産物企業で構成されています。また、ASEAN諸国と比較してフィリピンの順位が低いのは、中小企業が活発であることを示しているとの指摘があります。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月30日(火)開催
最新の経済状況から不動産市場を分析
「マレーシア不動産投資戦略」

 

【国内不動産】8月3日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページインドと共に選ばれるフィリピンの「IT-BPM」

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧