マルコス政権・最新法案リストにみる「フィリピン」が抱える重要課題

7月1日週「最新・フィリピン」ニュース

マルコス政権・最新法案リストにみる「フィリピン」が抱える重要課題
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今回は、マルコス政権が2025年6月までに承認を目指す優先法案リストから、いまのフィリピンが抱える課題は何なのか、みていきましょう。

優先法案リストに新たに加わった5つの法案

マルコス政権は、2025年6月までに議会で承認されることを目指す優先法案リストに、少なくとも5つの新しい法案を追加しました。このなかには、外国投資家が最大99年間土地をリースできるようにする法案や、2019年に自由化された主食である米に関する法改正が含まれます。国家経済開発庁(NEDA)長官は、これらの法案の迅速な通過が、国の経済ガバナンスを強化し、インフラの旗艦プロジェクトの実施と財政の持続可能性を維持するために重要であると述べています。

 

最優先リストに新たに追加されたのは、2018年の外国投資家長期リース法の改正案で、これにより外国人が農地を除く民間の土地を最大99年間リースできるようになります。また、2020年の主食の米関係の改正も最優先事項の一つです。下院は先月、米輸入を民間に完全に開放した2020年の法律を改正する法案を可決しました。この法案では、国立食糧庁(NFA)が既存の米在庫を使用して不足地域に供給し、価格上昇を防ぐ権限を持ちます。また、NFAが国内の精米済み米を購入したり、直接輸入したりすることを許可しています。

 

フィリピンの資本市場改革法案も最優先事項の一つであり、これによりフィリピン企業が株式市場を通じて資金を調達しやすくなり、さらに株式取引の税金を減らし、年金基金の価値を高めることを目指しています。ちなみに下院は5月に株式取引の税金を減らす法案を可決しています。

 

他の最優先事項には、フィリピンの主権を強化するための群島海域法が含まれています。また、インフラプロジェクトの実施を迅速化するための改正法案も優先事項に含まれています。教育の質が低下していることに対応するための全国学習プログラムを設立することを目指す法案も、最優先事項の一つです。

 

2022年の国際学力調査(PISA)でフィリピンは81ヵ国中77位であり、15歳のフィリピンの学生は他国の生徒に比べて数学、読解、科学で低成績を示しました。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月30日(火)開催
最新の経済状況から不動産市場を分析
「マレーシア不動産投資戦略」

 

【国内不動産】8月3日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページ国家経済開発庁理事会が推し進める「インフラ整備」

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧