日系企業に17年勤務→外資系企業に転職→在職中に執筆活動を開始→1億円を貯めてFIRE達成。今は執筆や講演活動で生きている…。これだけを聞くと順風満帆に人生が進んだのだなと感じるかもしれません。しかし、実は新入社員で働きだしたころからずっと「不労所得」を意識し、試行錯誤の上たどり着いたのだと言います。本記事では、実際にFIREを達成した寺澤伸洋氏による著書『ぶっちゃけFIRE 手取り25万円で子育てしながら1億円ためる方法教えます』(主婦と生活社)より一部を抜粋して、不労所得への意識や挑戦と失敗を繰り返した日々を紹介します。

新入社員当時から持ち続けた「不労所得にかける思い」

「外資系で仕事をしながら、執筆活動で副収入を得られるようになった」と書くと順風満帆のように見えるかもしれませんが、ここに至るまでは本当に長い道のりで、いろいろなチャレンジと失敗がありました。

 

僕は大学卒業後、新入社員で働きだした20代のころからずっと「不労所得」に憧れていました。「不労所得」とは、読んで字のごとく働かずに得られる所得のこと。これさえ得られれば、毎日満員電車に揺られて通勤することもなければ、必死に営業して商品を売る必要もない……。

 

思えば大学生のころは、本当に自由な生活を送っていました。ときには友だちと朝までオールでバカ騒ぎして、ときには誰かの家で朝まで飲みながら語り合い、気が向いたら学校にいく。いうならば24時間がすべて自分のものだったわけです。

 

しかし大学を卒業して企業に就職すると、途端に1日8〜12時間くらいは会社に拘束されるようになるわけです。ですから社会人1〜2年目のころは働くのがイヤだとか仕事が嫌いという気持ちよりも、1日の時間をすべて自分のものにしたいという気持ちのほうが強かったのを覚えています。

 

当時から僕が求めていたのは次のような生活でした。

 

・「生きるため」に働かなくてもいい生活

・自分の時間の大半を会社のために使わなくてもいい生活

・自分の好きなことを好きなだけできる生活

 

「不労所得さえあればこれらがすべて叶うんじゃないか? 勝手にお金が入ってくる仕組みを作り上げれば、そうした暮らしができるんじゃないか?」

 

こう考えたことが、僕が不労所得に憧れたスタートだったのです。とはいえ、そう簡単に不労所得など生み出せるわけがありません。ですから、若いころから可能性を追い求めていろいろなことに手を出してきました。その一部始終をご紹介しましょう。

 

注目のセミナー情報

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

 

【海外不動産】7月26日(金)開催
【格安リセール】即完売した日本人オーナーの売却物件が出ました!
ロンドン通勤圏・1200万円台~・ネット8%以上
英・ロンドン不動産投資ウェブセミナー

 

次ページやってみたこと…株式投資(短期のギャンブル投資)・ブログアフィリエイト

※本連載は、寺澤伸洋氏の著書『ぶっちゃけFIRE 手取り25万円で子育てしながら1億円ためる方法教えます』(主婦と生活社)より一部を抜粋・再編集したものです。

ぶっちゃけFIRE 手取り25万円で子育てしながら1億円ためる方法教えます

ぶっちゃけFIRE 手取り25万円で子育てしながら1億円ためる方法教えます

寺澤 伸洋

主婦と生活社

◆誰にでも再現できる、1億円貯める方法教えます! kindleで大人気のFIRE本のバイブル『子どもを2人育てながら1億円貯めた夫婦の40代FIREまでの道のり』を大幅に改稿して単行本化。子育てをしながら、40代で1億円ためてFIREを…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧