Thai PBS Worldより

タイの公共放送局『Thai Public Broadcasting Service』(Thai PBS)が運営する英語ニュース・サイト『Thai PBS World』より翻訳・編集してお伝えする。

外国人投資家のタイ債券市場離れ

タイ政府は、債券市場の不利な状況により、より高い借入コストを負担することになる可能性が高まっている。

 

外国人投資家が国債を売却し、今年第1四半期にはさらに343億バーツ(約1,439億3,991万円)の資本がタイ債券市場から流出した。タイ債権市場協会(ThaiBMA)によると、外国人投資家が保有する国債発行残高は9,000億バーツ(約3兆7,770億7,860万円)に減少し、発行残高17兆バーツ(約71兆3,534億7,099万円)のわずか5.3%にとどまった。

 

タイ国内と米国の金利差が大きいことが、タイ国債の魅力を低下させている要因のひとつだ。タイ中央銀行は政策金利をアメリカの5.25~5.5%に対し2.5%に設定している。米国国債のはるかに高いリターンへの誘惑により、外国人投資家はタイの債券市場から離れている。例えば、タイ国債の2年国債利回りは2.15%だが、米国国債の利回りは第1四半期末で4.59%と2倍以上だ。

バーツ安と資本流出

投資家たちは、バーツ安が続けばタイの資産価値が下落するのではないかと懸念しており、その結果、バーツ安が資本流出を招いている。バーツは対米ドルで37バーツ(約155円)近くまで下落した。米国の利下げを巡る不確実性も市場を複雑にしている。米国が高金利政策を長く続けるほど、米ドルは高くなり、それに応じてバーツも安くなる。

 

米国と欧州諸国が推進する高金利政策は、世界市場での借り入れコストの上昇につながっている。

 

キアナキン・パトラ・ファイナンシャルグループのアドバイザー、スパブド・サイチュア氏は「その結果、タイでの借り入れコストも高くなる」と警告する。政府は、政府支出を3兆4,800億バーツ(約14兆6,126億3,708万円)に設定した後、今年度の財政赤字を補うために6,930億バーツ(約2兆9,100億4,906万円)を借り入れる必要がある。

 

政府は最終的に、資金調達を巡って民間企業と競争することになるため、追加借入は国内市場の流動性に影響を与えると予想される。国債はほぼリスクがないと考えられているため、国が優位に立っている。しかし、海外投資家が流通市場で国債を販売しているために、より高いクーポンレートを提供しない限り、新たな国債の魅力が薄れる可能性がある。

 

AAAなどのより高い信用格付けを持つ大企業は社債発行による資金調達に困難はないが、それよりも低い信用格付けを持つ大企業は困難に直面する可能性がある。

 

ThaiBMAのソムジン・ソーンパイサーン会長は、投資家が高利回り債ではなく、より高い信用格付けの債券を購入していることに言及し、「第1四半期の債券データは、投資家が質の高いものを選んだことを示唆している」と述べた。たとえば、ジャンク債のクーポンレートは高くなる。

 

昨年末から、最上位のAAAからA格付けの5年社債のイールドカーブは15から21ベーシスポイント低下した。第1四半期末時点で、AAA格債の利回りは2.9%、AA格が3.17%、A格が3.44%となった。これに対し、BBB+とBBBの社債利回りはそれぞれ4.68%と5.46%に上昇した。

 

債券利回りは債券価格と逆の動きをする。利回りが高いということは、投資家が市場の暗い見通しを懸念して債券を投げ売りしていることを意味する。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

【事業投資】6月6日(木)開催
年利回り換算7%+売却オプション付き!
全契約「想定利回り以上」の実績(過去9年間)
「低リスク」&「安定収益」を実現する
100%投資型「幼児教室・ベビーパークFC投資」

次ページインド国債の浮上

本記事は、THE GOLD ONLINE(ゴールドオンライン)が提携するタイのメディア『Thai PBS World』が2024年4月11日に掲載した記事「As foreign investors exit bond market, Thai government faces fund-raising challenge
」を翻訳・編集したものです。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧