Thai PBS Worldより

日本と同じく高齢化が進むタイでは、「年金宝くじ制度」の設立が議論されている。タイの公共放送局『Thai Public Broadcasting Service』(Thai PBS)が運営する英語ニュース・サイト『Thai PBS World』から翻訳・編集してお伝えする。

31.3%が老後のための貯蓄なし

タイの60歳以上の高齢者の数は1300万人に達し、総人口の約20%を占めている。高齢化社会は経済にとって福祉コストの増加を伴っている。

 

タイ証券取引所が以前行った調査では、高齢者層の31.3%が老後のための貯蓄をしておらず、53%が20万バーツ(約87万円)以下の貯蓄しかしていないという驚くべき結果が出ている。 

 

財務省は、この危機的状況を認識し、年金宝くじ制度を立ち上げることによって、労働者、特に非正規部門の労働者を支援するための資金を調達する計画を立てた。 

年金宝くじとは何か?

パオプーム・ロジャナサクン副財務大臣は、年金宝くじ制度は多くの地方労働者の注目を集める最良のツールであると説明した。

 

タイ人は公営宝くじと私営宝くじの両方にはまる人が多い。

 

国家貯蓄基金(NSF)は、非正規部門の労働者のための退職貯蓄手段として、1枚50バーツ(約219円)のデジタル宝くじを発行する。抽選は毎週金曜日の午後5時に行われ、主な賞品には1等賞の100万バーツ(約438万円)が5本、2等賞の1,000バーツ(約4,000円)が1万本がある。

 

「賞金は政府予算で賄われ、その費用は週に1,500万バーツ(約342万円)、年間7億バーツ(約1億5,967万円)と見積もられており、現在の年金基金の費用4,000億バーツ(約912億6,069万円)から5,000億バーツ(約1,140億3,394万円)に比べれば非常に小さな金額です」とパオプーム氏は語った。

 

チケットの賞金が当たらなかった人も、投資したお金は貯蓄に回されるので、そのお金を失うことはない。貯蓄はNSFによって管理される。会員は60歳になったとき、積み立てた資金を引き出すことができる。

 

年金基金の宝くじを購入できるのは、NSF会員、社会保障法第40条の被保険者、その他の非正規労働者である。個人で購入できるチケットは月3,000バーツ(約1万3,000円)分までとなっている。

 

パオプーム氏によると、この制度は1,600万人から1,700万人を対象とすると予想されている。財務省は基金の設立に6~12ヵ月を要するため、制度の詳細は後に変更される可能性がある。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

次ページギャンブルを助長する?

本記事は、THE GOLD ONLINE(ゴールドオンライン)が提携するタイのメディア『Thai PBS World』が2024年7月1日に掲載した記事「Is the proposed lottery pension scheme a populist gamble?」を翻訳・編集したものです。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録