(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、マネックス証券株式会社が2024年4月12日に公開したレポートを転載したものです。

本記事のポイント

・日経平均上値の重さが目立つ
・日米ともにしばらく方向感のない展開続く

日経平均の本日(2024年4月12日)の下げは調整局面の動き

新年度に入ってから日経平均の上値の重さが目立つ。日経平均のローソク足チャートを見ると8日まで連続して陰線であった。

 

出所:Bloomberg
[図表1]日経平均株価 ローソク足(2024年4月1日から2024年4月8日) 出所:Bloomberg

 

この背景は機関投資家の期初の益出しという日本特有の要因があるものと思われる。特に昨年度は記録的な相場上昇を経験したため、含み益もたっぷり乗っているのだろう。そのため例年に比べて益出しが長引いているのではないかとの見方もある。実際、東京証券取引所が11日発表した4月第1週(1~5日)の投資部門別売買動向によると、信託銀行の現物株の売越額は7,887億円と過去最大だった。

 

それが今週9日(火)にようやく陽線となった。翌日の寄り引け同値の十字足を挟み、米国のCPI(消費者物価指数)ショックで大幅安で始まった11日(木)は下げ幅を縮め、再び陽線で引けた。TOPIXに至ってはCPIショックを跳ね返して小幅高で終えた。日本株もかなりしっかりしてきたように思えたが……。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

【事業投資】6月6日(木)開催
年利回り換算7%+売却オプション付き!
全契約「想定利回り以上」の実績(過去9年間)
「低リスク」&「安定収益」を実現する
100%投資型「幼児教室・ベビーパークFC投資」

次ページ今後の展開は?

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧