(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、マネックス証券株式会社が2024年4月5日に公開したレポートを転載したものです。

本記事のポイント

・日経平均の本日(2024年4月5日)の下げは調整局面の動き
・米国株相場、金利対比の割高感はハイテクバブル当時なみ
・足元一番のリスクは利下げの道筋が見えないこと

日経平均の本日の下げは調整局面の動き

日経平均の下げがきつい。今日の前場で日経平均は下げ幅を拡大し、取引時間中としては3月18日以来、約3週間ぶりに節目の3万9,000円を下回り、下げ幅は一時1,000円に迫る場面があった。

 

出所::マネックス証券
[図表1]日経平均株チャート 出所:マネックス証券

 

しかし、想定の範囲である。ストラテジーレポートでは、これまで「目先ピーク 日柄調整へ」「ファンダメンタルズ面の乖離是正を待つ局面」「さすがに一服、そろそろ戦略変更の時期」「エクスポージャーを少し落とす」などと述べてきた。そのとおりの展開となっている。

 

今日の下げは米国株の急落に引きずられて大きなものになっているが、仮に米国株の下げがなかったとしても、日本株は調整局面の動きをしていたであろう。

 

注目のセミナー情報

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページ米国株相場、金利対比の割高感はハイテクバブル当時なみ

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録