マイナス金利政策解除はどう響く?5年連続で“最も魅力的な投資先”に選ばれた日本の「不動産投資市場」今後の展望

CBREレポート「マイナス金利政策の終焉:日本の不動産投資市場への影響は限定的」より

マイナス金利政策解除はどう響く?5年連続で“最も魅力的な投資先”に選ばれた日本の「不動産投資市場」今後の展望
(※写真はイメージです/PIXTA)

マイナス金利政策の解除によって、今後日本の不動産投資市場にはどのような変化が起こるのでしょうか。今回は、国内外の投資家に対して行ったいくつかのアンケートをもとに、日本における不動産投資市場の今後の展望について解説したCBREのレポートをご紹介します。

日本が魅力的な投資先として注目されるワケ

また、2024年のCBRE投資家意識調査では、クロスボーダー投資家が選ぶAPACで最も魅力的な投資先として日本は5年連続で1位を獲得した([図表4])。

 

都市別では東京が2位のシンガポールを大きく引き離して1位となり、大阪およびその他地方都市もトップ10にランキングした。継続して日本が1位に選ばれている理由は、イールドスプレッドの魅力だけが理由ではないだろう。

 

緩やかな金利上昇によってイールドスプレッドの相対的な魅力が多少後退しても、売買市場の規模や市場参加者の厚みなどによる流動性の高さ、金融機関の融資姿勢、不動産のファンダメンタルズの安定性、さらには国の政治的安定といった観点から、日本が投資先として魅力的であるという事実は変わらない(2023年8月付レポート「日本の不動産市場:選ばれる理由」参照)。

 

出所: 2024 Asia Pacific Investor Intentions Survey: Japan Results, CBRE Research, 2024年2月
[図表4]APACで投資対象として魅力的な国トップ5(クロスボーダー投資家、単一回答) 出所: 2024 Asia Pacific Investor Intentions Survey: Japan Results, CBRE Research, 2024年2月

3. アジアフォーカスの運用資金は潤沢、日本の事業会社のCRE活発化も追い風

Prequinのデータによれば、APACを主な投資先とするファンドが抱える投資されていない運用資金(いわゆる「ドライパウダー」)は約700億ドルで、2022年以降は高い水準が続いている([図表5])。そのうち、パンデミック以降に積み上がったコア・コアプラスの運用資金がメインターゲットとするのは、キャッシュフローの安定性が相対的に高い日本だと考えられる。つまり、日本に向かう投資資金は潤沢であると言える。

 

出所: Prequin, 2024年2月
[図表5]アジアフォーカスのドライパウダー 出所: Prequin, 2024年2月

 

一方の国内では、事業会社によるCRE戦略が活発化する兆しがみられる。2000年代のCRE戦略は、業績不振に直面した企業による保有不動産の売却が中心だった。

 

直近では、2023年3月に東京証券取引所がPBRが1倍割れの上場企業に対して株価・資本コストを意識した経営計画の策定と実行を求めたこともあり、売却だけでなく、取得や運用も含めたCRE戦略を模索するケースが増えていると認識される。

 

ARESによれば、2023年中に運用を開始した10の私募REITのスポンサーの多くは、鉄道やガスといったインフラ系の事業会社だった。

 

具体的な売買事例としては、JFEや日野自動車による工場跡地の売却、ヨドバシHDやエディオンによる店舗・商業施設やニトリによる物流施設用地の取得があった。

 

2024年に入ってからもKIOXIAによる工場底地の売却やロジスティードによる物流施設の売却など、設備投資資金の確保や事業戦略の変化を背景とした売買事例がみられている。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

【事業投資】6月6日(木)開催
年利回り換算7%+売却オプション付き!
全契約「想定利回り以上」の実績(過去9年間)
「低リスク」&「安定収益」を実現する
100%投資型「幼児教室・ベビーパークFC投資」

次ページ金利のある世界における投資戦略

※本記事はシービーアールイー株式会社(CBRE)のレポート「マイナス金利政策の終焉:日本の不動産投資市場への影響は限定的」を転載したものです。
※本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧