(※写真はイメージです/PIXTA)

「経済は右肩下がり、少子高齢化で年金をもらえるかもわからない」…そんな話題ばかりが目につき、お金の不安要素だらけで将来に希望がもてないという人もいるでしょう。しかし、その不安が実は「勘違い」や「思い込み」から来ているとしたらどうでしょうか? 本記事では、『働く君に伝えたい「お金」の教養 』(ポプラ社)から、出口治明氏が「お金の不安から抜け出す方法」について解説します。

日本経済が低調で将来が不安…その根底にある「勘違い」

――日本は90年代以来ずっと不景気で、経済も国の勢いも右肩下がりのようです。「会社にいれば給与が上がる」わけでも、「正社員なら安泰」なわけでもありません。しかも少子高齢化で、将来年金が支給されるのかも不安。いったい、どう生きていけばいいのでしょうか?

 

まず、率直に言えば、質問の前提が間違っています。間違っているというか、勘違いしているんですね。世の中って、本当に右肩上がりが「普通の姿」なのでしょうか?

 

たしかに、戦後の日本は高度成長しました。「右肩上がり」の時代が長く続き、なんとなく世の中も明るいムードに満ちていました。給与は上がる、人口は増える、生活はみるみる豊かになる、黙って働けばほとんどの人が出世できる。みなさんからしたら、うらやましい話かもしれません。

 

けれど、それはどのくらい続いた話だと思いますか?敗戦が1945年。そしてバブル崩壊が1991年ごろですから、じつは、50年も続いていないのです。

 

ここで、時計の針を思いっきり巻き戻して、日本の歴史を振り返ってみましょう。遡ること、縄文時代。教科書では数ページで終わってしまう縄文時代は、およそ1万年前後続いたと言われています。

 

この1万年もの間、縄文人はすごくリッチな生活を送っていたんですね。

 

何がリッチかと言えば、気候がよくて、海の幸も山の幸も豊か。彼らは狩りが上手だし、人口もいまよりずっと少ないから、食べ物が足りなくなることも、環境破壊の心配もない。人口は増えも減りもせず、社会の大きな変化もない。平和で豊かに、同じような生活水準で暮らしていたと言われています。

 

日本列島に人類が住みつき、縄文時代がはじまったのが1万4000年〜1万5000年前。そのうちの1万年だから、そうとう長い間、安定した暮らしをしていたことがわかるでしょう。

 

さて、1万年も横ばい状態だった時代と、半世紀にも満たない右肩上がりの時代。歴史的に見て、どちらが「普通」のことだと思いますか?

 

もちろん歴史上には、「鉄器が一斉に普及した」とか「農業の効率が格段に上がった」といった、高度成長時代がときどき発生します。

 

しかし、人類史上全体から見ると、そちらのほうがイレギュラーな事態。近いところでは江戸時代も安定(≒停滞)していて、265年間ずっと右肩上がりだったわけではないのです。つまり、右肩上がりが正常な状態というのは、ここ数十年間の偏った認識なんですね。

 

目の前のことで不安になったら歴史を振り返ってみるというのは、近視眼的になることを防ぐいちばんの方法です。でも、テレビや雑誌を見ていると不安になるのもよくわかります。

 

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページなぜメディアは不安を煽るのか

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ