「金利=保険料」と認識せよ!〈不動産投資〉でも〈マイホーム購入〉でも、ローンの「繰上げ返済」はしないほうがいいワケ【専門家が解説】

「金利=保険料」と認識せよ!〈不動産投資〉でも〈マイホーム購入〉でも、ローンの「繰上げ返済」はしないほうがいいワケ【専門家が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

不動産投資において、高利回り物件の運営に成功したら、売却して規模を拡大させ、収益アップを狙うのがセオリー。物件の買い増しに際しては、新たに資金調達が必要となるわけですが、「不動産投資では、お金を借りることが悪いと思っていたら絶対に成功できない」と、株式会社ピカいちの代表取締役・柳田将禎氏は言います。リフォーム投資のプロである柳田氏の著書『ピカいちのリフォーム投資 改訂版』より、サラリーマン大家にとって必須の「融資」への考え方について詳しく見ていきましょう。

融資を活かして次のステージへ

サラリーマン投資家のやり方として、はじめは自らの属性(年収・自己資金・勤務先など)を武器にして融資を引き出します。今でも年収1,000万円以上の人はどこの金融機関でもお金は借りやすい傾向があります。

 

しかし事業が好調になると個人の属性という壁は外れて、会社としての信用でお金を借りられるようになっていきます。年収がいくらかといった問題ではなく、会社の実績と事業計画で融資の可否を判断されるのです。

 

また個人投資家であっても、規模が大きくなると金融機関にとって上客になるので、ある程度は支店の権限内で自由に融資が組めるようになります。

 

耐用年数オーバーの物件など、通常であれば融資がおりにくい物件も買えるようになります。融資特約付きでなくとも、業者でなくとも買えるようになるのです。このレベルまでくればビジネス経営として話が進んでいきます。

 

そうなると物件の仕入れもしやすくなりますし、上流の情報が流れてくるので、どんどん買い進めることができます。

 

私はこの9年間で不動産投資の規模を拡大し、リフォーム・リノベーション、アパート等の新築の事業も軌道に乗せていきました。

 

ただし、すべて順調にことが運んだわけでもありません。むしろ、失敗やつまずきもたくさん経験しています。それでもここまで来れたのは、その時々で素晴らしい仲間に恵まれ、目標を立ててそれを逆算し、計画を立てて地道に実行して、最も良い条件で投資をしたからです。その結果としての今があるのだと感じています。

 

さすがに最近は数が減りましたが、会社をリタイヤしたあと、まったく融資が付かなくなったというサラリーマン大家さんは数多くいました。

 

銀行員に「会社を辞めても融資をしてくれますか?」と事前に聞いておけば良かったのに、無計画に辞めてしまったゆえに、そうした結果を招いたのだと思います。

 

なかには会社を辞めることを秘密にして、自分の与信枠いっぱいに融資を借りてから退職するような人もいました。

 

サラリーマン不動産投資ブームにおいて「会社を辞めたらお金を借りられない」という知識が一般的でなかったころの話です。

 

しかし、融資の行き止まりを迎えた元サラリーマン投資家たちも、2〜3年程度の努力をして実績を積み重ね、事業者として復活するパターンがあります。

 

たしかに停滞している期間はロスが生じているわけですが、多少の回り道をしたとしても、軌道修正をして不動産投資の成功の道へ戻ってきている人も大勢いるのです。

 

ちまたには不動産投資で大成功を収めるような武勇伝の書かれた本が大多数ですが、100%成功している人なんて存在しません。紆余曲折を経て成功に結び付いた……それが本当のところだと思います。
 

 

柳田 将禎

株式会社ピカいち

代表取締役

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

※本連載は柳田 将禎氏による著書『ピカいちのリフォーム投資 改訂版』(プラチナ社)より一部を抜粋・再編集したものです。

ピカいちのリフォーム投資 改訂版

ピカいちのリフォーム投資 改訂版

柳田 将禎

プラチナ出版

千葉の九十九里から元自衛官の現役サーファー社長が、自己資金ゼロ! 負けてる負動産を勝てる不動産にする投資術を公開!! 2019年に発刊以来、増刷を経て今回さらに増収増益を続けているリフォーム専門業者が改訂版を発刊!! …

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧