(※写真はイメージです/PIXTA)

都市部に住みながら、田舎の「高利回りアパート」を購入する不動産投資家は少なくありません。しかし、「初心者が安易に高利回り物件を狙うと、落とし穴にはまる可能性が非常に高くなる」と、不動産投資歴15年、家賃収入3億円超えの実績を誇る名取幸二氏と、一般社団法人マネー総合研究所所長の杉田卓哉氏はいいます。著書『不動産投資 絶対にやってはいけない39の落とし穴』より、その理由をみていきましょう。

「高利回り」はハイリスクの裏返しでもある

不動産投資において、高利回りの物件を狙うのは重要です。

 

ただし、高利回りはハイリスクの裏返しでもあります。初心者が安易に高利回り物件を狙うと、落とし穴にはまる可能性が非常に高くなります。

 

まず、高利回りアパートは地価の高い大都市の都心部にほとんどありません。地価の低い郊外や地方、田舎であることが多いのです。

 

「利回りが高い=物件価格が安い」ということですが、「安くしなければ誰も買わない物件だから安い」のです。

 

地方の場合は建物の状態よりも賃貸ニーズによるところがあり、田舎に行くほど賃貸ニーズは減り、入居者がまったく付かないおそれもあります。

 

そこで田舎の高利回りアパートを狙う際には、3つのポイントを押さえることが重要です。

 

【落とし穴回避策①】大学移転後の学生街や元企業城下町などは避ける

少子高齢化の波は住宅産業だけでなく、大学にも大きく影響を与えています。とくに不便な郊外や地方の大学は人気がないので、キャンパスをより都心に移転する動きがあります。

 

一般的に学生街は、学生需要を見込んでアパートがたくさん建っています。大学が移転した後には賃貸経営を継続するのが難しく、「安くてもいいから売却したい」というオーナーが多いため、割安な高利回り物件が出回るケースも多いのです。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ田舎の高利回りアパートを狙う際の注意点

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は名取幸二氏、杉田卓哉氏による著書『不動産投資 絶対にやってはいけない39の落とし穴』(マネジメント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    不動産投資 絶対にやってはいけない39の落とし穴

    不動産投資 絶対にやってはいけない39の落とし穴

    名取 幸二、杉田 卓哉

    マネジメント社

    「不労所得でラクラク大儲け」「銀行融資が受けられる=安全な物件」「ボロ戸建て投資で高利回りを目指す」これ全部、嘘なんです……。不動産投資歴15年のレジェンドが、不動産投資でよくある“甘い話”の真実を暴露。落とし穴…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ