(※画像はイメージです/PIXTA)

生命保険は10年、20年、30年と長期にわたって加入しますが、同じ商品でも、保険料や保障内容などに違いが出てくることをご存じでしょうか。特に「医療保険・がん保険」は、保険料より保障内容の変化に注目です。14年間続くシリーズ『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(横川由理氏・長尾義弘氏監修、徳間書店)より一部を抜粋し、見ていきましょう。保険の見直しにお役立てください。

医療保険は保障内容が充実化。わずかに保険料アップでも“割安”

⇒いまや「入院一時金がつき、7大疾病や8大疾病の入院は無制限」が主流

 

医療保険は、わずかに保険料が上がっています。長生きになった分、病気にかかる確率は高まります。したがって、本来ならもう少し上がってもいいはずなのです。しかし、医療保険は各保険会社が力を入れているジャンルとあって、価格競争も熾烈。そう大きな値上げはできないのです。

 

では、10年前と大差がないかといえば、そうではありません。保障内容は格段によくなっています。

 

医療の現場で大きく変わったのは、入院の短期化です。この先どんどん短くなるという予測もあり、いままでの入院日数に応じた保障ではカバーできません。そこで、入院一時金タイプが登場してきました。さらに、三大疾病(特定疾病)などの要件も緩和されています。医療の進歩に合わせ、適用される手術も変わっています。

 

現在、主流の医療保険は、入院一時金がつき、7大疾病や8大疾病の入院は無制限となっています。保障内容まで含めれば、実質は値下げといえるでしょう。

 

医療保険は加入年齢が上がるほど保険料が上がりますが、保障内容もどんどん変化しています。ある程度の期間で見直すと、より充実するはずです。

 

2023年10月時点の情報に基づき作成  横川由理・長尾義弘監修『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(徳間書店)より
[図表1]医療保険を10年前と比較 2023年10月時点の情報に基づき作成

横川由理・長尾義弘監修『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(徳間書店)より

がん保険は保障内容がガラリと変化

⇒「がんと共に生きるための保障」へ。がん治療給付金は「1年に1回」形式が増加

 

がん保険は保険料だけでは比較できません。なぜなら、この10年で保障内容が大きく変わったからです。がんの5年生存率が延び、がんと共に生きるための保障が注目されるようになりました。

 

がんの治療法は手術中心でしたが、手術のほか、化学療法・放射線治療という3大治療へと変化しています。また、入院日数も短くなっています。以前の手術と入院がメインの保障では実情と合わなくなったのです。

 

10年前のがん保険は、がん治療給付金は2年に1回が一般的でしたが、いまは1年に1回というスタイルが多くなりました。

 

全体的な流れとしては、

●入院を特約にして、抗がん剤治療給付金やホルモン剤治療給付金といった治療給付金を重視する商品

●診断一時金を重視する商品

の2つのタイプに分けられます。さらに、自由診療に対応する商品が増えてきたことも特徴です。

 

がんの治療法は目覚ましく進歩しています。年齢が上がると保険料も上がるかもしれませんが、医療保険よりも定期的な見直しが必要だといえそうです。

 

2023年10月時点の情報に基づき作成 横川由理・長尾義弘監修『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(徳間書店)より
[図表2]がん保険を10年前と比較 2023年10月時点の情報に基づき作成
横川由理・長尾義弘監修『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(徳間書店)より

 

次回は「火災保険」の10年前といまの比較を紹介します。

 

 

横川 由理

FPエージェンシー代表、CFP®、証券アナリスト、MBA(会計&ファイナンス)。お金の知識を広めることをライフワークとして、ファイナンシャル・プランニング技能士資格取得講座、マネー講座、執筆などを中心に幅広く活動している。

著書に『老後にいくら必要か?』『50歳からの資産防衛術』(すべて宝島社)、『大切な人を亡くしたあとのお金のこと手続きのこと』(河出書房新社)、『保険 こう選ぶのが正解! 2024-2025年版』(実務教育出版)、『知らないだけで損をしている! インフレってなに?』(自由国民社)など多数。

 

長尾 義弘

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。

著書に『コワ〜い保険の話』(宝島社)、『こんな保険には入るな!』(廣済堂出版)、『お金に困らなくなる黄金の法則』『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『老後資金は貯めるな!』『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(すべて河出書房新社)、『運用はいっさい無し!60歳貯蓄ゼロでも間に合う老後資金のつくり方』(徳間書店)、共著に『金持ち定年、貧乏定年』(実務教育出版)など多数。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月5日(火)開催
投資について理解が深まる1時間!
資産形成の第一歩【不動産投資セミナー】

 

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

 

【海外不動産】3月9日(土)開催
《2024年・最新情報が満載》
銀行融資担当者が語る!「ハワイ不動産投資」の魅力

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、横川由理氏・長尾義弘氏監修『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(徳間書店)より一部を抜粋・再編集したものです。
    ※本連載に掲載している保険商品の価格や情報は、2023年10月時点の情報に基づくものです。最新の情報、保険条件などの詳細については、各保険会社などにお問い合わせください。
    ※保険の見直しなどは、個人の責任でよく考えて行ってください。

    NEWよい保険・悪い保険2024年版

    NEWよい保険・悪い保険2024年版

    長尾 義弘
    横川 由理

    徳間書店

    【保険の最新・最強バイブル】 保険のプロたちが各保険商品の保障内容を徹底チェック。広告一切なし、保険のプロが超激辛にジャッジ! 今年もベスト&ワースト保険を16の分野で選出しました! あの保険商品を実名でランキ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ