(※画像はイメージです/PIXTA)

せっかく保険に入っていても、自分のリスクとズレた保障内容では、いざというとき役に立ってくれません。広告なし、忖度なし。14年間続くシリーズの最新版『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(横川由理氏・長尾義弘氏監修、徳間書店)では、年代別・状況別から8つのケースを挙げて「ベストな保険の組み合わせ」を解説しています。本書より一部を抜粋し、今回は、教育費がピークに達する「60代前半・お一人様老後」の例を見ていきましょう。保険の見直しにお役立てください。

年齢や状況によって「備えるべきリスク」は千差万別

自分のリスクってなんだろう。ここは意外とわかりづらいものです。

 

そこで本書『NEWよい保険・悪い保険2024年版』では、年齢別・状況別に考えられるリスクをあげてみました。どんなリスクに対して保険が必要なのか、本稿では60代前半・お一人様老後のケースを見ていきましょう。

 

もっとも、ひとつの保険で、すべてのリスクをカバーすることはできません。医療保険は入院や手術、がん保険はがんに対して、死亡保険は死亡だけといったように、保障される対象は限定されています。

 

つまり、複数のリスクに対応するためには、複数の保険が必要なのです。そのベストな組み合わせも、提案したいと思います。

 

さらに、保険以外にも目を向けています。ほかの方法を使ったほうが、効率的な場合もあるからです。どういう制度が有効か、あわせて説明します。

 

家計におけるお金のリスクコントロールは、家計全体のバランスを考えることが大切です。公的保険やその他の制度を理解し、上手に活用しながら、保険を見直してください。

 

どの程度の保障をつけるかの目安として、保険料の一例を入れました。本書『NEWよい保険・悪い保険2024年版』PART1でベストにあがった商品を元に、保険料を試算しています。

 

一方、iDeCo、NISA、国民年金基金などの掛金は、具体的な数字を入れていません。こちらはそれぞれの状況に応じて、ムリのない範囲で積み立ててください。ちなみに、掛金は多いほうが、将来にゆとりが出ます。

年金暮らしのリスクは?60代前半・お一人様老後のケース

----------------------------------------------------

【悩み】

もうすぐ年金暮らし。年金は月に17万円です。一人ですから、なんとか年金だけで生活できると思います。でも、介護が必要になったら、認知症になったら…と不安はつきません。ずっと働いてきたので、それなりに貯えはありますけれど、やはり保険で備えておくべきかしら。(64歳・女性、パート、一人暮らし)

----------------------------------------------------

 

【回答】可能なら「年金の繰下げ受給」を。遺産分割でもめそうなら終身保険で対応

公的年金で暮らしていけることは、なによりの安心です。老後資金として貯めているお金は、旅行やレジャー、介護などに充てることができます。可能であれば、65歳からの年金受け取りの繰下げを検討しましょう。1年間繰り下げると年金額は年8.4%の増額になるので、受給額が増え、生活にもう少しゆとりが出ます。

 

老後は介護・認知症の問題を避けて通れません。一人暮らしだと、なおさら不安も募ります。

 

介護にかかるお金は、できれば貯蓄で備えるのがいちばんです。とはいえ、貯蓄に余裕がない場合は、民間の介護保険で備える方法もあります。

 

医療費については、さほど心配しなくても大丈夫です。所得が減るため、高額療養費の限度額も下がり、自己負担額は少なくなります。がんにかかるリスクは高まりますが、年金暮らしであれば、収入減のリスクは低いといえます。

 

なお、不動産など財産があり、もめる可能性がある場合は、相続対策として終身保険を利用するといいでしょう。

 

2023年10月時点の情報に基づき作成 出所:横川由理・長尾義弘監修『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(徳間書店)
【図表】ケース:60代前半・お一人様老後
2023年10月時点の情報に基づき作成
出所:横川由理・長尾義弘監修『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(徳間書店)

 

 

横川 由理

FPエージェンシー代表、CFP®、証券アナリスト、MBA(会計&ファイナンス)。お金の知識を広めることをライフワークとして、ファイナンシャル・プランニング技能士資格取得講座、マネー講座、執筆などを中心に幅広く活動している。

著書に『老後にいくら必要か?』『50歳からの資産防衛術』(すべて宝島社)、『大切な人を亡くしたあとのお金のこと手続きのこと』(河出書房新社)、『保険 こう選ぶのが正解! 2024-2025年版』(実務教育出版)、『知らないだけで損をしている! インフレってなに?』(自由国民社)など多数。

 

長尾 義弘

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。

著書に『コワ〜い保険の話』(宝島社)、『こんな保険には入るな!』(廣済堂出版)、『お金に困らなくなる黄金の法則』『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『老後資金は貯めるな!』『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(すべて河出書房新社)、『運用はいっさい無し!60歳貯蓄ゼロでも間に合う老後資金のつくり方』(徳間書店)、共著に『金持ち定年、貧乏定年』(実務教育出版)など多数。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【教育】4月29日(月・祝)開催
医学部専門予備校が教える
「国公立/私立」医学部逆転合格の秘訣
本セミナー参加者に限定オファー&書籍プレゼント

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

※本連載は、横川由理氏・長尾義弘氏監修『NEWよい保険・悪い保険2024年版』(徳間書店)より一部を抜粋・再編集したものです。
※本連載に掲載している保険商品の価格や情報は、2023年10月時点の情報に基づくものです。最新の情報、保険条件などの詳細については、各保険会社などにお問い合わせください。
※保険の見直しなどは、個人の責任でよく考えて行ってください。

NEWよい保険・悪い保険2024年版

NEWよい保険・悪い保険2024年版

長尾 義弘
横川 由理

徳間書店

【保険の最新・最強バイブル】 保険のプロたちが各保険商品の保障内容を徹底チェック。広告一切なし、保険のプロが超激辛にジャッジ! 今年もベスト&ワースト保険を16の分野で選出しました! あの保険商品を実名でランキ…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧