写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今週は世界の投資マネーの動きと、それをフィリピンに呼び込む要因とされる、フィリピン・ソブリンウェルスファンドの動向について解説します。

「ホットマネー」がフィリピンに戻ってきた

2023年7月、フィリピン中央銀行(bsp)によると、外国ポートフォリオ投資は2ヵ月連続で純流入を記録しました。2022年の同じ月に記録された1.0314億ドルの流出から、2023年7月には9.62億ドルの純流入に転じています。7月の純流入は、6月の約28万ドルの純流入よりも大幅に増加。これらの外国投資は一般に「ホットマネー」と呼ばれ、資金が自由に出入りすることから命名されています。7月の総流入額は15.8億ドルで、6月の8.894億ドルから77.2%増加し、また前年同月の6.807億ドルの約2倍でした。

 

主要な5つの投資国は、イギリス、アメリカ、シンガポール、ルクセンブルク、ドイツで、ポートフォリオ投資流入の85.7%を占めました。これらの投資のうち、63.2%がフィリピン国債に投資され、残りの36.8%はフィリピン証券取引所に上場される銀行、不動産、食品、飲料、たばこ、財閥、運輸サービスなどの株式に投資されました。

 

一方、7月の総流出は前月から30.9%減少し、8.891億ドルから6.145億ドルになりました。前年同月からも、純流出は21.6%減少し、7.84億ドルから6.145億ドルになりました。2023年7月のホットマネー流入の急増は、フィリピンでの投資家の楽観的なセンチメントに起因している可能性があります。フィリピンのソブリンウェルスファンド・マハリカ投資基金(mif)の制定やさまざまな改革に対する関心の増加に支えられている部分も。さらに米国のインフレ率の低下+金利のピークアウトによって、投資マネーがフィリピンなどの新興市場に流れてきた可能性もあるでしょう。

 

年初から7ヵ月間では、純流入は8,171万ドルで、前年同期の7億1500万ドルに比べて大幅に低い結果でした。fedの利上げペースに対する懸念が、年内のホットマネー流入の方向に引き続き影響を与える可能性があります。bspは、今年のホットマネー純流入を25億ドルと予想しています。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

次ページフィリピンへの投資…2023年第2四半期「日本」がトップ

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧