「仕事はあってもお金はない」…アメリカ国民が悲鳴を上げる「次世代貧困」の正体。失業率の低さがもたらす、深刻な事情

「仕事はあってもお金はない」…アメリカ国民が悲鳴を上げる「次世代貧困」の正体。失業率の低さがもたらす、深刻な事情
(画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

物価の高止まりで、米国利上げは年内維持される見通し

市場が注目していた米国の消費者物価指数(1月)が14日発表された。物価の高止まりが改めて示されたことから、米FRBが年内に利下げ姿勢に転換することへの期待は急速に萎み、米国債券相場では利回りが全般に上昇し、株価への圧迫要因となった。

 

米労働省が発表したCPIは前年同月比での伸びが6.4%増と昨年12月(6.5%)からは小幅低下し、21年10月以降では最も小幅な伸びとなったが、前月比では0.5%上昇と12月の前月比と事前予想のいずれも上回った。

 

変動の大きい食品・エネルギーを除くコア指数でも前年同月比5.7%、前月比では0.4%と高止まりを示唆する内容となり、依然として物価は高い水準で上昇していることが示された。

 

特に住居費など一部の項目では価格上昇圧力が目立ってきており、インフレが高止まりしている状況が浮き彫りとなった。2月FOMC以降も、米FRB高官の発言に耳を傾けてこなかった債券市場だが、聞く耳を持たざるをえない。

 

そして、失業率は3.4%と半世紀ぶりの低水準を記録している。FRB当局は、雇用市場が堅調である限り、インフレ圧力として警戒する姿勢を緩めないであろう。

 

このように、「物価高」でありながらも雇用は安定しているため、政府は利上げ姿勢をゆるめず、結果「収入増が見込めない」という、「次世代貧困」の深刻さが顕著となった。

 

債券市場では政策金利に敏感な米国2年債利回りが4.6%台を付け、昨年11月以来16年ぶりの高値である4.74%に迫る勢いで上昇した。一方で、長期債利回りは上昇の幅が限定されたため10年米国債利回りと2年米国債利回りの逆イールド幅は▲0.87%へと再び拡大し、1980年以来で最大を記録した。

 

FF金利誘導目標は年後半での相場観は大きく変化した。また、最終的なターミナルレートの引き上げも辞さない構えである。市場ではFRB当局が3月と5月に0.25%の引き上げを実施、さらにはピークとして織り込まれていた水準を超える利上げを6月にも実施する可能性すら高まっている。

 

マーケットは今回の想定外の強さを示したCPIのデータからも、インフレとの戦いは長期戦を想定しなけらればならず、楽観的すぎる金利低下シナリオは崩れたと考えられる。

次ページ一方、アジア市場は?

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ