(※画像はイメージです/PIXTA)

「保険を見直しましょう」の営業には要注意。とくに、1998年以前に契約した保険は、予定利率が2.75%以上ありました。超低金利時代のいまからすると、お宝保険です。ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏と横川由理氏が『NEWよい保険・悪い保険2023年版』(徳間書店)で解説します。

【Jグランドの人気WEBセミナー】
税理士登壇!不動産投資による相続税対策のポイントとは?
<フルローン可>「新築マンション」×「相続税圧縮」を徹底解説

自分に合った保険と無駄な保険の見分け方

■深く考えずに保険を決めてない?

 

マイホームは言うまでもなく、人生で一番大きな買い物です。購入するときはいくつもの物件へ足を運び、間取りや通勤時間、周囲の環境などを細かくチェックします。そして、価格は何よりも重要な問題です。

 

もっと身近な家電だって、いろいろなメーカーの製品を見比べ、価格を比較し、よりお得なものを選んでいるはずです。

 

では、生命保険はどうでしょう。20年、30年と払い続ける保険料を合計すると、かなりの金額になります。

 

ところが、マイホームに次いで高額な商品であるにもかかわらず、あまり比較検討をせずに加入しているケースが多いようです。

 

「比較なんて面倒くさい。どれに入ったって同じでしょ」
「このプランがお勧めですって言われたから」

 

こんなふうに無頓着に決めていませんか。

 

▶いまの保険契約、思い当たる項目をチェック

□営業員に言われるまま契約した。
□どんな内容か、正確に思い出せない。
□毎月払っている保険料を覚えていない。
□かなり昔に契約し、見直しをしていない。
□保険料の高いことが不満だ。
□保障内容が自分に合っているのかわからない。

 

上記に、いま契約している保険について、6項目の質問を用意しました。ひとつでも思い当たる項目があれば、保険の見直しをお勧めします。

 

なぜなら、その保険はあなたに合っていない可能性があるからです。もし、余分な保障がついていたら、その分の保険料を損しています。

 

■自分の保険は人任せにしない

 

実際、ムダな保険料を支払うような契約は多いものです。そこには、保険を販売する側と契約する側の立場の違いが、大きく関わっているのではないかと思います。

 

金融庁は保険営業についての要望を出していますが、契約する側もしっかりと見極める姿勢が大切です。

 

不要な保障がついている、必要以上の保障額を設定している、保険料が高い。こんな保険はムダが潜んでいます。

 

逆に、重要な保障が欠けていたり、額が不足していてもいけません。自分に合った保障の見つけ方、失敗しない保険選びのポイントを紹介していきましょう。

 

次ページ公的保障で足りない金額を保険で補う

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は 長尾義弘氏、横川由理氏が監修した『NEWよい保険・悪い保険2023年版』(徳間書店)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    NEWよい保険・悪い保険2023年版

    NEWよい保険・悪い保険2023年版

    長尾 義弘
    横川 由理

    徳間書店

    値上げラッシュの2022年。家計における節約のカギは、保険の見直しです。 毎月2万円の節約は1年間で24万円。保険は長期の契約をするので、20年間続けたら480万円の節約になります。とはいえ、保険がお粗末になっては意味があ…

    NEWよい保険・悪い保険2022年版

    NEWよい保険・悪い保険2022年版

    長尾 義弘
    横川 由理

    徳間書店

    人生100年時代といわれるほど人の一生は長くなりました。しかし長生きになることによって、新たなリスクが生じています。それは「生きるリスク」です。80~85歳の27%が要支援・要介護、85歳以上だと59%超というデータがあるよ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ