(※画像はイメージです/PIXTA)

大学を卒業して数年間は会社員として働きましたが、すぐに独立をしたので、厚生年金へはほとんど加入していません。老後の厚生年金は年額わずか3万円です。ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏と横川由理氏が『NEWよい保険・悪い保険2023年版』(徳間書店)で解説します。

【Jグランドの人気WEBセミナー】
税理士登壇!不動産投資による相続税対策のポイントとは?
<フルローン可>「新築マンション」×「相続税圧縮」を徹底解説

年金年額わずか3万円、どうすればいい?

▶「40代後半」自営業者のライフプラン
→会社員より多めの自衛が大事

ケーススタディ⑤


夫:山中隆行さん(仮名)45歳、自営業
妻:佐和子さん(仮名)48歳、自営業
子ども:20歳
家計の状況/夫の年収 800万円/妻の年収 250万円
月額の保険料 3万2,300円

 

■保険料を抑え、将来のための資産作りを

 

山中さんはフランチャイズでハンバーガショップを経営する45歳の自営業者です。夫婦とアルバイト、そしてときどき大学生の子どもが手伝ってくれます。

 

山中さんは大学を卒業して数年間は会社員として働きましたが、すぐに独立をしたので、厚生年金へはほとんど加入していません。老後の厚生年金は年額3万円くらい。子どもは20歳なので、遺族年金はゼロとみてよさそうです。

 

幸い、教育費はあと2年分。こちらは貯蓄で何とかなりそうです。

 

山中さんはできるだけ長く仕事を続けるつもりですが、心配事は自分が死んだ後の妻の生活費です。現在、死亡保障を2000万円確保していますが、保険料を3万2300円も支払っています。

 

国内大手保険会社で加入した場合には、どうしても保険料が割高になりがちです。上手に保険を選んで、保障額を確保しつつ、保険料を引き下げていきましょう。

 

『NEWよい保険・悪い保険2023年版』(徳間書店)より。
『NEWよい保険・悪い保険2023年版』(徳間書店)より。

 

定期保険は2000万円で、20年更新型に加入します。保険料は2680円。加えて、65歳までの収入保障保険は、毎月20万円の保障で、保険料は6120円です。

 

次に、就業不能保険にも加入しましょう。就業不能61日目から15万円の支払いで、保険料は4635円になります。3種類の合計が1万3435円。

 

約2万円の保険料を圧縮できました。iDeCo に加入して、節税しながら将来の資産を作っていきましょう。

 

次ページ教育費がピークの5年間の乗り越え方

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は 長尾義弘氏、横川由理氏が監修した『NEWよい保険・悪い保険2023年版』(徳間書店)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    NEWよい保険・悪い保険2023年版

    NEWよい保険・悪い保険2023年版

    長尾 義弘
    横川 由理

    徳間書店

    値上げラッシュの2022年。家計における節約のカギは、保険の見直しです。 毎月2万円の節約は1年間で24万円。保険は長期の契約をするので、20年間続けたら480万円の節約になります。とはいえ、保険がお粗末になっては意味があ…

    NEWよい保険・悪い保険2022年版

    NEWよい保険・悪い保険2022年版

    長尾 義弘
    横川 由理

    徳間書店

    人生100年時代といわれるほど人の一生は長くなりました。しかし長生きになることによって、新たなリスクが生じています。それは「生きるリスク」です。80~85歳の27%が要支援・要介護、85歳以上だと59%超というデータがあるよ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ