がむしゃらに頑張る「熱血社員」が会社を潰してしまう納得の理由とは (※写真はイメージです/PIXTA)

本連載では、人気YouTubeチャンネル「魚屋の森さん」の運営者で、IT企業から実家の魚屋の後継者へと転身し、新しい視点でSNSをビジネスに効果的に活用している森朝奈氏が、著書『共感ベース思考 IT企業をやめて魚屋さんになった私の商いの心得』から、経営における「共感ベース」の仕事術や発想法について解説します。

【2/7 無料Webセミナー】

集客から提案まで一挙に効率化!
出版社発のコンテンツ×AI活用
新時代の「富裕層向け不動産営業」メソッドとは

「私だからできる方法」ではチームを維持できない

私はクールに見られがちなのですが、実際にはかなりアツいところのある人間です。会社のストーリーへの思い、会社を支えてくれるスタッフやお客さまへの思い……。

 

心の中ではいつも、さまざまなものが燃えたぎっています。

 

人間がもつ情熱には「赤い炎」と「青い炎」がある、と聞いたことがあります。

 

燃えていることが他人にもわかる「赤い炎」に対して、「青い炎」は人には見えないけれど「赤い炎」より熱い。私は「青い炎」のタイプなのだと思います。

 

魚屋の仕事を始めてからしばらくは、自分のアツい思いを素直に表現していました。うれしい言葉をかけてくれたお客さまには全力で感謝し、SNSやブログへのコメントすべてにお礼の返信。来店したお客さまから名刺をもらい、お礼の手紙も出していました。正直に言えば今でも同じことをしたい! でもある時期から、自分の対応を見直さざるを得なくなりました。

 

寿商店のスタッフとして接客している以上、お客さまは「私の対応=寿商店の対応」と受け止めます。実は、お礼状まで出していたのは私だけ。私がいないときに来店してもお礼状は届かないのですが、お客さまはそんなことまで知りません。お礼状が届かないことで気分を害し、店へのクレームにつながったこともありました。

 

うれしいことをしてもらった場合、一度目は素直に喜びを感じます。来店前の期待値を0とすると、お店の評価はプラスに上昇。問題は、次回からは一度めの経験が基準になってしまうことです。プラスだったはずのことが、「してもらって当たりまえ」にかわってしまう。それがかなえられないと、評価は0に戻るのではなく、一気にマイナスまで下がりかねないのです。私がつくるべきなのは、「自分のファン」ではなく「会社のファン」なのだ、と気づかされたできごとでした。

 

自分が頑張るのではなくチームで回せる仕組みづくりに力を入れる

当時の私が見落としていたのは、仕事への熱量は人それぞれだということ。どんなに素晴らしい会社でも、スタッフ全員が同じレベルの情熱をもって仕事に取り組めるわけではありません。

 

おまけに会社への思い入れが強く、入社したばかりで張り切っている私の熱量は異常に高い! スタッフが私と同じような気持ちをもっているはず……というのは、私の大きな勘違いでした。

 

 

私がブランディングのつもりでしたことは、自分本位のスタンドプレイ。結果的に、寿商店本来のサービスの価値を下げてしまいました。すべてを自分ひとりでできるのなら、私の性格に合ったベストの方法だったかもしれません。でも、会社として持続的に取り組めるものではなかったのです。

 

自分が頑張ればうまくいく、というやり方には限界があります。私が接客やSNSの管理に専念することはできません。つまり、「私だからできるやり方」ではダメ。私がするべきだったのは、自分ががむしゃらに頑張ることではなく、担当者がかわっても無理なく継続していける仕組みづくりだったのです。

 

【2/7 無料Webセミナー】

集客から提案まで一挙に効率化!
出版社発のコンテンツ×AI活用
新時代の「富裕層向け不動産営業」メソッドとは

あなたにオススメのセミナー

    株式会社寿商店 常務取締役

    愛知県名古屋市出身。早稲田大学国際教養学部卒業後、楽天(現・楽天グループ)へ入社。その後、父親が創業した、鮮度抜群の魚介が地元で評判の「寿商店」に24歳で入社する。
    現在は常務取締役として、市場での仕入れから下処理・加工、取引先への卸し、飲食店の経営に奔走。魚好きが集える場所としてのYouTubeチャンネル「魚屋の森さん」などのSNSや、ファミリーサロンの運営を行い、魚食と水産業のファン拡大に努める。
    好きな海の生き物はくじらで、入社後につくった寿商店ロゴのモチーフに使用。
    好きな見た目の魚は金目鯛、味は太刀魚。

    YouTube:魚屋の森さん
    Twitter:@asana1220
    Instagram:@asanamori
    寿商店HP:http://www.s-kotobuki.co.jp/

    著者紹介

    連載 IT企業から魚屋へと転身した人気「YouTuber」が大切にする「共感ベース思考」とは

    共感ベース思考 IT企業をやめて魚屋さんになった私の商いの心得

    共感ベース思考 IT企業をやめて魚屋さんになった私の商いの心得

    森 朝奈

    KADOKAWA

    SNSでストーリーと信頼をシェア。「共感」からすべてが始まる! 代々鮮魚卸を営む一家に育った著者。女性が極端に少ない魚業界へ家業の2代目として飛び込み、YouTubeやSNSで「思い」をシェア。「魚好き」とつながりながら、…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ