IT企業出身のYouTuber「魚屋の森さん」がSNSの活用で実現したスピード感のある仕事 (※写真はイメージです/PIXTA)

人気YouTubeチャンネル「魚屋の森さん」の運営者で、IT企業から実家の魚屋の後継者へと転身し、新しい視点でYouTube、SNSをビジネスに効果的に活用している森朝奈氏が、著書『共感ベース思考 IT企業をやめて魚屋さんになった私の商いの心得』から、経営における「共感ベース」の仕事術や発想法について解説します。

【2/21 無料Webセミナー】

〈出版社幻冬舎グループのコンテンツ企画・制作方法を大公開
MAを活用したコンテンツマーケティングを徹底解説

「SNS部」は日々のフィードバックで発信のスキルを磨く

現在、会社のインスタグラムとフェイスブックは、各店舗で運営しています。

 

私が入社してSNSでの発信を始めた頃は、会社のアカウントはひとつでした。その後、よりお客さまに役立つ情報を届けるために店舗別のアカウントをつくりましたが、しばらくは私がひとりで全店舗の投稿をしていました。

 

時間を見つけてはそれぞれの店舗に足を運び、写真を撮ったりスタッフから情報を集めたり。手間はかかりましたが、「本店だったらこれを伝えたい」「ニシキ店のこのスタッフの思いを知ってほしい」といった気持ちが強すぎて、人に任せることなど考えられなかったのです。

 

でもさすがに、その他の業務も増えてくると、ひとりでは手が回らなくなりました。そこで、各店舗のスタッフの手を借りることにしたのです。

 

SNSの使い方について担当者同士で情報交換

SNSの運営を任せるとはいっても、店舗のスタッフはSNSにくわしい人ばかりではありません。投稿のしかたがわからない人にアプリの使い方から説明しなければならなかったり、なんだかちょっと微妙な投稿があったりと、滑り出しは順調とはいえませんでした。

 

さらに店舗のスタッフにとっては、今までしなくてよかった仕事が増えたことになります。最初は「毎日投稿します!」と張りきっていても、忙しい日はSNSまで手が回りません。投稿回数が徐々に減っていき、いつの間にかストップしてしまう……ということもよくありました。

 

情報発信を負担に感じるのは、おそらく慣れていないから。個人でSNSを使っている人にとっても、「店」としての発信は勝手が違います。何を、どのように書けばよいかがわからずに悩み、時間がかかってしまうのでしょう。

 

そこで、SNS担当のスタッフを手助けするために「SNS部」を立ち上げることにしました。「部」とはいっても部署ではなく、「部活動」のイメージ。各店舗のSNS担当者はもちろん、興味があればアルバイトでも参加できます。活動の場は、LINEのグループです。部員はいつでも自由に、わからないことや知りたいことを相談したり、必要な情報を共有したりすることができます。

 

日常の投稿内容についても、アイデアを出し合っています。グローバルゲート店はランチの利用者が多いから、日替わりランチの情報を毎日アップしたら? 本店は日本酒を紹介した投稿が高評価だったから、今後も続けてみては? など、皆で方向性を決めていくことで、各店舗の担当者も投稿しやすくなっているようです。

 

【2/21 無料Webセミナー】

〈出版社幻冬舎グループのコンテンツ企画・制作方法を大公開
MAを活用したコンテンツマーケティングを徹底解説

あなたにオススメのセミナー

    株式会社寿商店 常務取締役

    愛知県名古屋市出身。早稲田大学国際教養学部卒業後、楽天(現・楽天グループ)へ入社。その後、父親が創業した、鮮度抜群の魚介が地元で評判の「寿商店」に24歳で入社する。
    現在は常務取締役として、市場での仕入れから下処理・加工、取引先への卸し、飲食店の経営に奔走。魚好きが集える場所としてのYouTubeチャンネル「魚屋の森さん」などのSNSや、ファミリーサロンの運営を行い、魚食と水産業のファン拡大に努める。
    好きな海の生き物はくじらで、入社後につくった寿商店ロゴのモチーフに使用。
    好きな見た目の魚は金目鯛、味は太刀魚。

    YouTube:魚屋の森さん
    Twitter:@asana1220
    Instagram:@asanamori
    寿商店HP:http://www.s-kotobuki.co.jp/

    著者紹介

    連載 IT企業から魚屋へと転身した人気「YouTuber」が大切にする「共感ベース思考」とは

    共感ベース思考 IT企業をやめて魚屋さんになった私の商いの心得

    共感ベース思考 IT企業をやめて魚屋さんになった私の商いの心得

    森 朝奈

    KADOKAWA

    SNSでストーリーと信頼をシェア。「共感」からすべてが始まる! 代々鮮魚卸を営む一家に育った著者。女性が極端に少ない魚業界へ家業の2代目として飛び込み、YouTubeやSNSで「思い」をシェア。「魚好き」とつながりながら、…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ