「これってパワハラ?」弁護士が語る、上司が注意するべき言動 (※写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、早稲田リーガルコモンズ法律事務所が提供する、所属弁護士によるコラムを一部抜粋・再編集したものです。

 

 <社長・院長のためのDXナビ>

DX導入に悩む、営業・マーケティング・人事・財務の責任者必見!

「学びのためのDX情報」特設ページはこちら

定義が曖昧なパワーハラスメント

パワーハラスメントの対策を難しくしている原因の一つに、その定義の難しさがある。

 

実際、企業の社内研修などを行っている際にも、「相談窓口に相談してもパワハラではないと言われた」「部下のミスを指摘したらパワハラだと逆に責められた」など、社内における「パワハラの定義」が曖昧になっているため対応に苦慮している現場の声をよく耳にする。

 

そこで、私たちはどのような言動に注意しなければいけないのかを整理してみる。

厚生労働省が示す、パワハラに該当する言動

我が国では、2019年の第198回通常国会において「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」(「労働施策総合推進法」)が改正され、2020年6月1日の法施行以降、大企業においては職場におけるパワーハラスメント防止対策が事業主の義務となった。

 

そのため、公的な資料や社内研修では、この法律上の定義に沿って説明するのが一般的である。

 

我が国の法律上、パワーハラスメントは「①職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であつて、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③その雇用する労働者の就業環境が害されること」と定義されている(労働施策総合推進法第30条の2第1項)。

 

厚生労働省は、令和2年厚生労働省告示第5号で具体的にパワーハラスメントにあたると考えられる例、または当たらないと考えられる例を次のとおり示している。

 

引用:厚生労働省パンフレット「職場におけるパワーハラスメント対策が事業主の義務になりました!」
[図表1]令和2年厚生労働省告示第5号のパワーハラスメント具体例 引用:厚生労働省パンフレット「職場におけるパワーハラスメント対策が事業主の義務になりました!」

 

これらはいずれも、基本的には過去の裁判例で違法と判断された言動をもとに作成されている。

「精神的な攻撃」「能力否定・罵倒」の境界を示す判例

日本では、具体的な言動が違法であるかどうかを最終的に判断するのは、裁判所の役割とされている。

 

たとえば、上記「(2)精神的な攻撃」「④相手の能力を否定し、罵倒するような内容のメール等を当該相手を含む複数の労働者宛に送信する」に関しては、以下の裁判例がもとになっていると思われる。

 

職場の上司Xが、メールの名宛人である部下Yだけでなく、同じユニットの従業員数十名も送信先に加えたうえで、次のような文面のメールを送信した(この部分は赤字で、ポイントの大きな字だった。)

 

「意欲がない、やる気がないなら、会社を辞めるべきだと思います。当SCにとっても、会社にとっても損失そのものです。あなたの給料で業務職が何人雇えると思いますか。あなたの仕事なら業務職でも数倍の業績を挙げますよ。」「これ以上、当SCに迷惑をかけないで下さい。」

 

(東京高判平成17年4月20日労判914号82頁)

 

裁判所は上記メールの文面について、「それ自体は正鵠を得ている面がないではないにしても、人の気持ちを逆撫でする侮蔑的言辞と受け取られても仕方のない記載などの他の部分とも相まって、控訴人の名誉感情をいたずらに毀損するものであることは明らかであり、上記送信目的が正当であったとしても、その表現において許容限度を超え、著しく相当性を欠くものであって、控訴人に対する不法行為を構成する」と判示している。

 

 <社長・院長のためのDXナビ>

DX導入に悩む、営業・マーケティング・人事・財務の責任者必見!

「学びのためのDX情報」特設ページはこちら

あなたにオススメのセミナー

    早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士

    過労死・過労自死・過労やハラスメントに伴う損害賠償請求事件等の労働者側事件のほか、社内の各種規程類の整備、問題社員への対応、ハラスメント等の事実調査など幅広い労働問題に対応できる弁護士である。

    特に過労死問題の実績は顕著であり、数多くの過労死・過労自死案件(以下「過労死事件」という)において遺族側代理人として解決に導いている。ワタミ事件の労働者側代理人弁護士も務めた。

    過労死事件等の重大事件を通じて学んできた、「どうすればこのような事故は起きなかったのか」「ハラスメント対策を実施する際にどこがネックになるのか」「職場環境を改善するためにはどうすればよいか」といった観点からのアドバイスを企業側に提案している。

    また、個別労働紛争では労働の実態を把握するための証拠の収集が困難であることも多いが、粘り強い姿勢と豊富な法的知識を駆使し、徹底した証拠収集作業を行う。過労死事件におけるご遺族の要望に真摯に対応し、金銭面のみにとらわれることなく、事案解明や企業側の謝罪、労働環境改善等、様々な解決方法を追求する弁護方針を取る。そのような柔軟かつ問題の本質を見失わない弁護姿勢は、事件に直面した従業員やその遺族からの厚い信頼に結びついている。

    一方、地域の福祉事務所やNPO法人等と連携し、介護事故問題、生活困窮者支援といった福祉問題や、LGBTIQに関連する法務にも積極的に携わっている。同性婚を認める社会を目指すNPO法人であるEMA日本において理事を務める。

    著者紹介

    企業法務から民事訴訟、刑事事件にいたるまで幅広い案件を取り扱う法律事務所。多様なバックグラウンドと経験をもつ弁護士が在籍し、各々の専門的知識やキャリアを活かした多様かつ質の高い法的サービスの提供に取り組んでいる。理念は「自由・革新・貢献」。

    (早稲田リーガルコモンズ法律事務所 公式ウェブサイト:https://legalcommons.jp/
    (コラムページ:https://legalcommons.jp/column

    著者紹介

    連載知らずに損をしない、知らずに加害者にならないための、人生に役立つ法律を弁護士が解説!

    本連載は、早稲田リーガルコモンズ法律事務所が提供する、所属弁護士によるコラムを一部抜粋・再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ