[連載]知らずに損をしない、知らずに加害者にならないための、人生に役立つ法律を弁護士が解説!

社会に出て生きていく以上、法律の理解は必要不可欠です。しかし会社で働きながら、膨大な量の法律を完全に理解することはほぼ不可能といっても過言ではありません。そこで、早稲田リーガルコモンズ法律事務所に所属する弁護士が、今役立つ法律や知っておくべき法律のポイントを解説します。

※ 本連載は早稲田リーガルコモンズ法律事務所のwebサイトに掲載されたコラムより一部を抜粋・再編集したものです。

本連載の著者紹介

早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士

過労死・過労自死・過労やハラスメントに伴う損害賠償請求事件等の労働者側事件のほか、社内の各種規程類の整備、問題社員への対応、ハラスメント等の事実調査など幅広い労働問題に対応できる弁護士である。

特に過労死問題の実績は顕著であり、数多くの過労死・過労自死案件(以下「過労死事件」という)において遺族側代理人として解決に導いている。ワタミ事件の労働者側代理人弁護士も務めた。

過労死事件等の重大事件を通じて学んできた、「どうすればこのような事故は起きなかったのか」「ハラスメント対策を実施する際にどこがネックになるのか」「職場環境を改善するためにはどうすればよいか」といった観点からのアドバイスを企業側に提案している。

また、個別労働紛争では労働の実態を把握するための証拠の収集が困難であることも多いが、粘り強い姿勢と豊富な法的知識を駆使し、徹底した証拠収集作業を行う。過労死事件におけるご遺族の要望に真摯に対応し、金銭面のみにとらわれることなく、事案解明や企業側の謝罪、労働環境改善等、様々な解決方法を追求する弁護方針を取る。そのような柔軟かつ問題の本質を見失わない弁護姿勢は、事件に直面した従業員やその遺族からの厚い信頼に結びついている。

一方、地域の福祉事務所やNPO法人等と連携し、介護事故問題、生活困窮者支援といった福祉問題や、LGBTIQに関連する法務にも積極的に携わっている。同性婚を認める社会を目指すNPO法人であるEMA日本において理事を務める。

著者紹介

企業法務から民事訴訟、刑事事件にいたるまで幅広い案件を取り扱う法律事務所。多様なバックグラウンドと経験をもつ弁護士が在籍し、各々の専門的知識やキャリアを活かした多様かつ質の高い法的サービスの提供に取り組んでいる。理念は「自由・革新・貢献」。

(早稲田リーガルコモンズ法律事務所 公式ウェブサイト:https://legalcommons.jp/
(コラムページ:https://legalcommons.jp/column

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ