「相続財産6,000万円を全て兄に」不平等な遺言書…財産の取り分を主張する方法は?【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

遺言書で「1人の相続人に全ての財産を相続させる」という内容が残されていた場合、その他の相続人はとても納得できません。しかしその場合でも法的には認められるため、もし不服がある場合は、遺留分を請求するなどの手続きを進める必要があります。そこで実際にココナラ法律相談のオンライン無料法律相談サービス「法律Q&A」によせられた質問をもとに、遺留分侵害額請求について森亮人弁護士に解説していただきました。

【12月11日(日)開催セミナー】

減価償却・節税効果!これから注目すべき作家は?現代アート投資

いま、日本での『美術品投資』がおすすめな理由

 

相続財産6,000万円が全て兄に!遺留分を請求したい

相談者のMさんは、父親が先日他界し、税理士から遺言執行を知らせる文書、遺言公正証書の写し、相続税がかかる財産の明細書を受け取りました。

 

相続人は父親と別居中の兄とMさんの2人ですが、遺言書には一切の財産を兄に相続させるとありました。財産は不動産が2,000万円ほど、預貯金は4,000万円ほどあります。

 

Mさんとしては、高校卒業と同時に家を出た兄よりも、結婚する40歳まで両親と同居し、長年面倒を見てきたMさんの相続金額が一切ないことが納得いかないようです。

 

Mさんは遺留分侵害額請求を検討していますが、具体的にどのように進めたら良いのかがわからず、ココナラ法律相談「法律Q&A」に相談しました。

 

Mさんが遺留分を受け取るためには、どのような手順で手続きを進めるのがよいのでしょうか。

今すぐ遺留分侵害額請求の意思表示を内容証明郵便で!

遺留分侵害額請求を兄に対して行い、適切な金額の支払いを受けて解決を図るための方法として、次の3つがあり得ます。

 

  1. 当事者間で直接話し合いする
  2. 家庭裁判所で調停を行う
  3. 地方裁判所(または簡易裁判所)で民事訴訟を提起する

 

しかしながら、最初の選択でいきなり3.をとることは原則的にできません。

 

ある一定種類の訴訟は、先に調停を経ていなければ提起することができないというルールが存在し(これを「調停前置主義」といいます。)、遺留分侵害をめぐる紛争はこのルールが適用されるからです。

 

1.と2.はどちらを選択することも可能です。

 

ただしいずれを選択するにせよ、まず真っ先にやっておくべきことは、兄に対して「遺留分侵害額請求を行う旨の意思表示」を記載した文書を、内容証明郵便で送付しておくことです。

 

これは、遺留分侵害額請求権は「相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間」経過したら時効により消滅してしまうので、後になって兄から「消滅時効が既に完成しているので、Mさんにお金を支払う義務は存在しない。」などと拒絶される可能性を回避しておくためです。

 

内容証明郵便を用いるという点は、必ずそうしなければならないというルールがあるわけではないですが、普通郵便で送っただけでは「そんな郵便はこちらに届いていない。」と言われたりして、本当に遺留分侵害額請求の意思表示をしていたか否かの立証が後で不可能になるおそれがあるので、内容証明郵便を用いることが一般的です。

 

また2.を選択する場合、家庭裁判所へ調停を申し立てるための必要書類を提出する必要がありますが、調停を申し立てた=兄に対して遺留分侵害額請求の意思表示をした、という意味にはなりませんので、そこも注意が必要です。

 

1.または2.であれば、弁護士に依頼をしなくとも、ご本人が自分で動く形で進めることは可能だと思いますが、個々の事案で遺留分侵害額として実際に請求できる金額はいくらなのか? という計算は、民法の条文を正確に理解して算出する必要があります。

 

この部分は一般の方にとってはハードルが高い作業ではないかと思われますので、先に弁護士に相談をしておくことをお勧めいたします。

 

【12月11日(日)開催セミナー】

減価償却・節税効果!これから注目すべき作家は?現代アート投資

いま、日本での『美術品投資』がおすすめな理由

あなたにオススメのセミナー

    弁護士

    まりん法律事務所

    ◆略歴
    東京大学法学部を卒業後、「世のため、人のため」になる仕事を志望して大手鉄道会社に入社。丸5年間勤務した後、会社を退職して中央大学ロースクールに入学し、新司法試験に合格。2013年12月に弁護士登録し、2014年1月から弁護士業務を開始しました。2つの異なるタイプの法律事務所で多くの事件処理の経験を積み、自分自身の可能性をさらに広げるため、2020年7月に独立開業してまりん法律事務所を開設しました。

    ◆弁護士として大切にしていること
    ①専門用語を避けること
    法律の専門用語をなるべく使わずに、日常の分かり易い言葉で説明をするよう努めています。
    ②話をしやすい空気作り
    相談者の不安な気持ちを軽くできるように、安心感があって、うまく相談者から話を引き出しやすい空気作りに努めています。
    ③難しいことにも積極的にチャレンジ
    今まで経験したことのない分野の事件や複雑困難な事件でも、積極的にチャレンジする姿勢を大事にしています。

    ◆人となり、特長
    元々学生時代から、「世のため、人のため」に生きていきたいという気持ちが強く、正義感の強い方でした。竹を割ったような性格で、裏・表のないまっすぐな人間だといわれます。話すスピードはゆっくりで、声量が大きく、低音でよく通る声をしているようです。お客様から声を褒めていただいたことが何度かあります。

    ◆ 座右の銘
    ・人間万事、塞翁が馬。
    ・至誠天に通ず。

    〈ココナラ法律相談の掲載ページ〉
    https://legal.coconala.com/lawyers/634

    著者紹介

    検索メディア

    一人ひとりにあった弁護士が見つかる検索メディア「ココナラ法律相談」。離婚や相続、刑事事件など個人の人生を左右する法律トラブルから、契約書作成や営業妨害、債権回収など法人・個人事業主のビジネスに関わる法務依頼まで、一人ひとりの悩み分野にあった、強みのある弁護士を見つけられます。また、悩み投稿に弁護士が無料回答する法律Q&A機能を活用した情報収集が可能です。

    ココナラ法律相談
    https://legal.coconala.com

    著者紹介

    連載弁護士検索メディア『ココナラ法律相談』に寄せられた法律に関する疑問を、弁護士が徹底解説

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ