「2027年に中国は台湾を侵攻し日本は陥落」最悪のシナリオを招きかねない、日本の地政学上のリスクを専門家が解説 (※写真はイメージです/PIXTA)

世界地図をのぞくと日本はロシア・中国・北朝鮮に囲まれており、現在の世界情勢を照らし合わせると、地政学上大きく危険をはらんでいる国の一つといえます。2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻による戦場の痛ましい現状の報道を目にして、罪のない人々が苦しむ姿に心痛めるとともに、自国の安全への不安を募らせれている人も多いのではないでしょうか。本連載では「2027年、日本がウクライナになる(他国に侵攻される)」と予測する、元自衛官で「戦場を知る政治家」である佐藤まさひさ氏の著書から一部一抜粋して、日本防衛の落とし穴についての知識を分かりやすく解説します。

恐るべき台湾有事。なぜ中国は台湾を獲りにいくのか?

「逆さ地図」を見てみましょう。今度は日本列島の西側まで視野を転じてみます。奄美諸島、琉球諸島、尖閣諸島などの島々(南西諸島)が点在し、その西側の大きな島が台湾です。

 

 

改めて地図を見ると、日本列島がユーラシア大陸を覆う蓋であることは一目瞭然でしょう。日本列島の左翼は北方四島。右翼は南西諸島。ロシアが北方四島を欲しかったように、中国は、南西諸島の島々が欲しくてたまりません。

 

台湾も含めての「東シナ海の蓋」は、軍事的にも経済的にも、非常に大きな意味をもつからです。中国が、尖閣諸島や台湾を強引な論理で「自国のもの」と主張するのはこのためです。何が、どう重要なのか?

 

まずは、中国から見た台湾の重要性を話します。台湾は、三つの海を結ぶ位置にあります。「太平洋」「東シナ海」「南シナ海」です。フィリピンとの間には「バシー海峡」があり、中国との間には「台湾海峡」がある。このように、海をもつことは"戦略上"とても有利なのです。なぜなら海は「モノを運ぶ」には、最も効率のよいルートだからです。

 

例えば、戦車を運ぶ場合、輸送機ではせいぜい数台です。でも大きい船なら数百台程度は運べます。石油などの燃料も運べるし、空母なら"滑走路付き"で戦闘機を運べる。つまり海をもてば物流を支配できる。狭い海峡ならなおさらです。船を"生かすも殺すも""通すも通さぬも"いかようにもできる訳です。

 

さらに、中国の海南島には中国海軍の主要基地(楡林ゆりん基地)もあります。ここから潜水艦や艦船が太平洋に出るには、バシー海峡を通るのが最も安全なルートなのです。

台湾有事になれば、日本には石油が入ってこない! 

中国にとって”複数の海域の交差点”とも言える台湾は「海上の要衝」だと理解できたでしょう。ここを自分のものにすれば、他の国に対して優位に立てます。

 

例えば、日本も韓国も、簡単に痛めつけることができる。もっと言うと、なぶり殺しにできるのです。どういうことか? 地図を見てみましょう。

 

 

日本は石油の9割以上を中東から輸入しています。中東で石油を積んだ船は、インド洋を通り、マレーシアやシンガポール、インドネシアの間のマラッカ海峡を抜けて、南シナ海に出ます。その先にあるのが台湾です。

 

フィリピンとの間のバシー海峡を抜け、沖縄などの南西諸島の東側を通って日本に到着します。台湾有事、つまり中国が台湾に侵略戦争をしかけたら、どうなりますか?

 

戦争でドンパチやっている場所など、誰も通りたくないでしょう。しかも石油を積んでいるタンカーには、日本人は乗っていません。船籍や運営会社は日本でも、乗組員は全員が外国人です。命の危険を冒してまで、日本人のために石油を運んでくれる外国人がいると思いますか? 私には、到底いるとは思えません。

あなたにオススメのセミナー

    参議院自民党国会対策委員長代行
    自民党国防議員連盟 事務局長

    “ヒゲの隊長”こと、参議院議員佐藤まさひさ(先生)は、福島県出身。
    防衛大学校卒業後、約25年間、陸上自衛官として勤務。国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長、イラク先遣隊長、第7普通科連隊長を兼ねて福知山駐屯地司令などを歴任。

    平成19年、参議院議員に初当選し、現在3期目。外務副大臣、防衛大臣政務官のほか、参議院外交防衛委員長や自由民主党国防部会長、外交部会長などを歴任。現在は、参議院自民党国会対策委員長代行、自民党国防議員連盟事務局長として活躍。

    著者紹介

    連載「2027年、日本がウクライナになる(他国に侵攻される)」と予測する、元自衛官の政治家が国家防衛の落とし穴について解説

    ※本連載は、佐藤まさひさ氏の著書『知らないと後悔する 日本が侵攻される日』(幻冬舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    知らないと後悔する 日本が侵攻される日

    知らないと後悔する 日本が侵攻される日

    佐藤正久(現・佐藤まさひさ)

    幻冬舎

    2027年、日本がウクライナになる――。決して脅しではない。習近平国家主席が4期目を決めるこの年に、世界は大きく動くことになるだろう。ロシア、中国、北朝鮮に囲まれた我が国の危険性は、日増しに高まるばかりである。ロシ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ