[連載]「2027年、日本がウクライナになる(他国に侵攻される)」と予測する、元自衛官の政治家が国家防衛の落とし穴について解説

本連載は佐藤正久氏の著書『知らないと後悔する 日本が侵攻される日 』(幻冬舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。ロシアはなぜ北方領土を手放さないのか、中国が尖閣を執拗に欲しがる背景、北朝鮮のミサイル発射の脅威…。元自衛官で国内屈指の「戦場を知る政治家」である著者が指摘する、日本防衛の落とし穴について解説します。

本連載の著者紹介

参議院自民党国会対策委員長代行
自民党国防議員連盟 事務局長

“ヒゲの隊長”こと、参議院議員佐藤まさひさ(先生)は、福島県出身。
防衛大学校卒業後、約25年間、陸上自衛官として勤務。国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長、イラク先遣隊長、第7普通科連隊長を兼ねて福知山駐屯地司令などを歴任。

平成19年、参議院議員に初当選し、現在3期目。外務副大臣、防衛大臣政務官のほか、参議院外交防衛委員長や自由民主党国防部会長、外交部会長などを歴任。現在は、参議院自民党国会対策委員長代行、自民党国防議員連盟事務局長として活躍。

著者紹介

関連書籍の紹介

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ