「空前の円安元高」だが…中国人の「爆買い」が復活しないワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、東洋証券株式会社の中国株コラムから転載したものです。

中国でも物価上昇…2015年以来の「円安元高」水準

「カネは世につれ、世はカネにつれ」……。往年の名文句(?)をいまほど実感するときはないだろう。カネはカワセに置き換えてもいいかもしれない。そう、世界的に加速する米ドル高だ。

 

日本では24年ぶりに1ドル=140円を超えたことが大きな話題になっているが、ここ中国でも9月中旬に1ドル=7元の水準を突破し、「元安ドル高」が意識されている。

 

もっとも、中国に住む日本人としては正直ピンとこない。我々がより重視するのは人民元と日本円のレート。実はこちらも大変なことになっており、1元=20円を突破して「円安元高」が進んでいる。この水準は2015年以来のことだ。

 

ちょうど10年前の2012年は1元=12円程度だった。中国の物価もいまほどは高くなく、日本からの出張や旅行では円高メリットを享受できた気がする。1万円を両替すれば800元程度になったものだ。だが、いまや500元にも満たず、1万円の価値の下落を否応なく実感してしまう。物価は上昇中なのでさらに目減り感が増す。なかなか厳しい時代である。

 

[図表1]上海の物価水準(2022年9月時点)
[図表1]上海の物価水準(2022年9月時点)

 

中国の日常生活ではもちろん人民元を使用しているが、頭のなかでつい円換算してしまう。最近は1元=20円でサクサク計算。上海の地下鉄初乗り料金は3元(60円)と安い。タクシーの初乗り料金16元(320円)も許容範囲。

 

ただ、スターバックスのトールラテは33元(660円)で、日本の455円よりかなり高い。筆者にとっては"高嶺の花"だ。上海でも人気のラーメン店「一風堂」では、定番の「赤丸新味」が55元(1100円)。こちらも日本より高いだろうか。

 

そして上海ディズニー。たとえば国慶節連休のピーク時に行くと、1日パスポート券が大人1人659元(1万3180円)。家族3人で行くと食事代やお土産代を合わせて軽く5万円は超えてしまいそうだ。

 

この「円安元高」は日本であまり報じられていないと思う。理由としては、新型コロナ対策に伴い日中間の移動がほぼストップしていることが挙げられよう。庶民レベルではメリットやデメリットを感じる場面が少なく、大きな話題になりにくいようだ。もちろん企業経営面では大きな影響を受けているところも多数あるのだが。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

あなたにオススメのセミナー

    東洋証券株式会社
     上海駐在員事務所 所長

    上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。通信社、コンサルティングファームを経て、2007年東洋証券入社。本社シニアストラテジストを務め、2015年より現職。中国現地で株式動向のウォッチや上場企業取材などを行い、中国株情報の発信・レポート執筆を手がける。

    著者紹介

    連載【東洋証券】グローバルマーケット情報

    【免責事項等】
    この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
    この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ