社長死去…後継者・15歳の孫が成人するまで「遺産分割禁止」は可能か?【税理士が解説】 (写真はイメージです/PIXTA)

一定期間、遺産分割を禁止することを生前に決めておけるのでしょうか? 万が一の際には、孫が成人するまで遺産分割を止めたいという社長の事例とともに、岡野相続税理士法人の代表社員、岡野雄志税理士が解説します。

あなたにオススメのセミナー

    あなたにオススメのセミナー

      長男死去…未成年の孫に将来的には事業を託したい社長

      突然、社長のひとり息子がこの世を去ったのは、2年前の夏のことでした。社長がショックを受けたのはいうまでもありません。それ以上にショックが大きかったのは、亡き息子の長男、つまり社長の孫でした。中学も休みがちになり、次第に素行不良が目立ってきました。孫の成績は下がり、高校進学も拒むようになりました。

       

      困り果てた嫁に相談され、社長夫妻がしばらく孫を預かることになりました。試しに社長の工場で手伝わせてみると、意外にも素直に何でもこなします。熟練の職人に厳しくいわれても、若い見習いたちと工夫を重ねています。もしかしたら、「孫にはこの仕事が合っているのかもしれない」社長は思い始めました。

       

      長男が急逝し、コロナ禍で経営も苦しい中、自分がもう少し年老いたら、この工場はたたむしかないなと考えていた社長の心にも次第に希望が湧いてきました。しかし、孫はまだ15歳です。職工としても、経営者としても、まだまだ経験を積まなければならないことがあります。少なくとも10年はかかるだろうと、社長は思いました。

       

      自分が元気なうちは何とか踏ん張って工場を守っていくとしても、万が一、自分に何かあったら……。社長夫妻には、亡き長男のほかに3人の娘がいましたが、誰ひとり家業に興味がないどころか、早く工場を閉めて引退するよう勧めてきます。社員を路頭に迷わす訳にはいかないと拒否してきましたが、自分がこの世を去ったら、工場は閉鎖され、遺産分割されてしまうでしょう。

       

      もちろん、親権者の承諾があれば、生前贈与による未成年者への自社株譲渡も可能です。ただ、社長自身、未成年の孫へ自社株の多くを渡してしまうのは気が進みません。社員の反発も予想されます。第一、いまはまだ孫自身、工場を承継するかどうか判断するのは難しいでしょう。

       

      しかし、もしいますぐ自分に何かあったとしても、工場を相続財産として遺産分割してほしくない、少なくとも孫が成人するまでは工場の運営を維持してほしいというのが、社長の願いです。孫が成人すれば、自らの意思で工場を相続するかどうか決められるからです。

       

      考えあぐねて税理士や弁護士にも相談し、社長が選択したのは遺言書作成という方法でした。

       

      【10月4日(火)開催セミナー】
      今までになかった「インドアゴルフ×投資」事業投資のご提案
      ~出店実績96店舗、累計会員数5万人超、創業10年。インドアゴルフのリーディングカンパニー「ステップゴルフ」~

      あなたにオススメのセミナー

        岡野相続税理士法人 代表社員

        昭和46年6月4日千葉県成田市生まれ。早稲田大学商学部卒業。相続税専門の税理士。

        2005年に神奈川県横浜市の新横浜駅近に事務所を開設、2022年に法人化し、東京駅近くにも支店事務所を開設。全国各地の相続案件を累計約2,700件手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。

        相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

        岡野相続税理士法人(https://www.souzoku-zei.jp/)

        著者紹介

        連載税理士・岡野雄志の「事例でわかる相続の恐怖」

        ※プライバシーに配慮し、実際の相談内容と変えている部分があります。

        メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

        登録していただいた方の中から
        毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
        会員向けセミナーの一覧
        TOPへ