コロナワクチン陰謀論を信じる人と信じない人の決定的な違い (※写真はイメージです/PIXTA)

新型コロナの世界的な感染拡大にともなって、中国やロシアの「意図的な偽情報の拡散」が問題になっています。さらに問題なのは、中国やロシアの偽情報と同じ陰謀論などをSNS上で拡散する日本人も相当数存在するという。何が起きているのでしょうか。元・陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏が著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】9/29(木)開催決定
納税に強い「最強の法人カード」
世界の富裕層が選ぶ「ラグジュアリーカード」ご紹介セミナー
「日本一富裕層に詳しい税理士」が解説します!詳細はコチラ>>>

新型コロナをめぐる影響工作

新型コロナのパンデミックにともない、中国やロシアの「意図的な偽情報の拡散(いわゆる偽情報キャンペーン)」が世界的な問題になっている。

 

さらに問題なのは、中国やロシアの偽情報とまったく同じワクチン陰謀論などをSNS上で拡散する日本人も相当数存在することだ。彼らは、知らず知らずのうちに中国やロシアの偽情報を拡散するデュープスの役割を果たしている。

 

その状況はサイバー戦に似ていて、邪悪な意図をもった者がコンピュータウイルスをインターネット空間でばらまき、そのウイルスに感染した者(デュープス)がさらにそのウイルスをSNSの友人や知人に拡散するようなものである。ウイルス拡散の連鎖における重要なコマになっているデュープスの存在は、ワクチン接種率の向上を妨害し、感染者の増加を招き、結果として人類の新型コロナ克服の妨げとなっている。

 

また、ビル・ゲイツ氏に関する陰謀論も荒唐無稽である。

 

「新型コロナもワクチンも、増えすぎた人類の数を減らすためのものだ。この背後にビル・ゲイツがいる」「ビル・ゲイツが新型コロナウイルスワクチンと偽ってマイクロチップを埋めこもうとしている」という主張を真顔で流布する人々が存在する。こうした荒唐無稽な主張が一定の影響力をもつ時代が到来したのだ。

 

かつて「世界一の大富豪」であったゲイツ氏は、妻(メリンダ)とともに慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を運営し、精力的な慈善活動を続けてきた。この財団はマラリア、ポリオ、麻疹などの根絶に400億ドル(約4兆3000億円)を投資してきたという実績がある。今回のCOVID―19パンデミックに際しても、ワクチン・治療薬の開発などに対して計3億ドル(約320億円)を提供している。

 

しかし、そんなゲイツ氏に対する陰謀論がアメリカで流行している。共和党支持者の44%がゲイツ陰謀論を信じている。一方、民主党支持者のゲイツ陰謀論を信じている人は19%にとどまっている。ゲイツ陰謀論はきわめて党派的な現象であり、米国内の分断のひとつの証拠でもある。

 

■新型コロナのワクチン

 

世界は未い まだに新型コロナに苦しめられている。ロックダウンや緊急事態宣言はある程度の効果はあるが、決定的な解決策にはなっていない。切り札として登場したのがワクチンであるが、ファイザー社やモデルナ社のmRNAワクチンは優秀で明らかに大きな成果を出している。

 

私が注目している免疫学の第一人者である宮坂昌之大阪大学名誉教授は、フェイスブックなどを通じて新型コロナへの正しい対処法について啓蒙活動をおこなっている。彼は、科学的根拠に基づき、「ワクチンには感染予防、発症予防、重症予防という3本の矢が備わっており、ワクチンを接種しない選択肢はない」と述べている。

 

しかし、世界中でワクチンに関する偽情報や誤情報はあとを絶たない。これらの偽情報や誤情報には、ロシアや中国など国家が影響工作の一環として流布しているものと、非国家の団体や個人が流布するものとがある。とくに個人はロシアや中国の影響工作と似たような主張を展開しており、実質的にロシアや中国のデュープスになっている。

 

中国は、武漢から発生した新型コロナウイルス(武漢ウイルス)の世界的なパンデミックに際して、世界の人たちに対する謝罪をしていない。謝罪するどころか、武漢ウイルスの由来は中国ではなく、外国であり、米国かもしれないと主張している。

 

例えば、中国外交部の趙立堅報道官は2020年3月12日のツイッターで、「米軍が新型コロナの流行を武漢にもちこんだのかもしれない。データを公表し、透明性を向上させるべきだ。米国は中国に説明する義務がある」と米国を批判した。中国外交部の報道官が証拠もなく、ここまで踏みこんで米軍関与陰謀説を主張するのは、背後に習近平主席の同意があるとみるのが妥当だ。

 

そして、武漢ウイルスの感染拡大について、「ウイルスの拡散を防ぐため、中国政府は多くの国民を閉じこめる都市封鎖をやった。世界を救うために巨大な犠牲に耐えた。だから世界は中国に感謝すべきだ」という感恩外交を展開した。

 

彼らが明らかな虚偽の主張をくりかえす背景には「超限戦」に通じるものがある。噓も方便、噓も100回言えば真実になる、という発想である。ナチスのヨーゼフ・ゲッベルスが展開したプロパガンダを語るときによく引き合いに出されるフレーズだ。

 

しかし、中国のあまりにも荒唐無稽な大外宣(大プロパガンダ)は逆効果で、米国内では中国に対する超党派の怒りが沸き起こっている。「中国政府は、武漢ウイルスが引き起こした危機を利用して、世界中で経済的・政治的優位を確立しようとしている。中国政府の誠実さや善意を期待してはいけない。より強固で現実的な対中戦略が必要だ」という点で共和党と民主党の意見が一致している。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】10月6日(木)開催
利益率30%超も可能!古民家旅館 投資型ビジネス
「10エリア限定」加盟店募集セミナー>>>詳細はコチラ

あなたにオススメのセミナー

    前・富士通システム統合研究所安全保障研究所長
    元ハーバード大学アジアセンター・シニアフェロー
    元陸上自衛隊東部方面総監

    1978(昭和53)年、東京大学卒業後、陸上自衛隊入隊。その後、外務省安全保障課出向、ドイツ連邦軍指揮幕僚大学留学、函館駐屯地司令、東京地方協力本部長、防衛研究所副所長、陸上幕僚監部装備部長、第2師団長、陸上幕僚副長を経て2011(平成23)年に東部方面総監。2013年退職。著書に『米中戦争―そのとき日本は』(講談社現代新書)、『中国人民解放軍の全貌』(扶桑社新書)、『日本の有事』(ワニブックス【PLUS】新書)、共著に『台湾有事と日本の安全保障』『現代戦争論―超「超限戦」』(ともにワニブックス【PLUS】新書)がある。

    著者紹介

    連載日本はあらゆる領域が戦場になる戦時下である

    本連載は渡部悦和氏の著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    日本はすでに戦時下にある

    日本はすでに戦時下にある

    渡部 悦和

    ワニブックス

    中国、ロシア、北朝鮮といった民主主義陣営の国家と対立する独愛的な国家に囲まれる日本の安全保障をめぐる状況は、かつてないほどに厳しいものになっている。 そして、日本人が平和だと思っている今この時点でも、この国では…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ