(※写真はイメージです/PIXTA)

イマドキの若手社員は「課長になりたがらない」といいます。上昇意欲が湧かないのは当たり前です。課長に昇進して、責任が重くなるわりに、もらえる給与がさほど変わらないからです。上を目指したくなる仕組みにするべきです。北見式賃金研究所長の北見昌朗氏が過去30年間の給与を検証します。

給料が高いほど保険料負担は大きい

社会保険料には「標準報酬月額保険料額表」というのがある。健康保険料は1997年には60万5000円が上限で、これ以上の給与になっても保険料が変わらなかった。2020年になると協会けんぽ(東京)の場合、上限額が63万5000円に引き上げられた。つまり高い給与の人の保険料負担が大きくなったのだ。

 

ここで2人の保険料を比較する。「給与80万円」と「給与20万円」である。

 

「給与80万円」の人の保険料及び控除後の給与は、次のとおりである。

1997年
健康保険料+介護保険料+厚生年金保険料=社会保険料合計8万3572円

給与80万円-社会保険料合計8万3572円=社会保険料控除後の給与71万6428円(あ)
  ↓
2020年(東京都の場合)
健康保険料+介護保険料+厚生年金保険料=社会保険料合計10万2787円
給与80万円-社会保険料合計10万2787円=社会保険料控除後の給与69万7213円 (1万9215円減)(い)

 

「給与20万円」の人の保険料及び控除後の給与は、次のとおりである。

1997年
健康保険料+介護保険料+厚生年金保険料=社会保険料合計2万5550円
給与20万円-社会保険料合計2万5550円=社会保険料控除後の給与17万4450円(う)
  ↓
2020年(東京都の場合)
健康保険料+介護保険料+厚生年金保険料=社会保険料合計2万9960円
給与20万円-社会保険料合計2万9960円=社会保険料控除後の給与17万040円 (4410円減)(え)

 

注:年齢は40歳以上で、介護保険料を払っている前提。

 

両者の社会保険料控除後の給与は、次のように下がった。

 

(あ)-(い)=1万9215円減
(う)-(え)=4410円減

 

このように給与の高い人が狙い撃ちされるように保険料を取られ、手取り収入がダウンした。社会保険料はチビチビ上がるので、あまり実感はないかもしれないが、積み重なると大きい。

 

ちなみに、この「80万円」という給与は年収960万円という意味であり、東京都では従業員300人以下の会社の常務取締役クラスの年俸である。「20万円」の人は新卒初任給をイメージしている。

 

北見 昌朗
北見式賃金研究所所長

 

 

↓コチラも読まれています 

ハーバード大学が運用で大成功!「オルタナティブ投資」は何が凄いのか

富裕層向け「J-ARC」新築RC造マンションが高い資産価値を維持する理由

 業績絶好調のジャルコのJ.LENDINGに富裕層が注目する理由 

コロナ禍で急拡大!トラックリース投資に経営者が注目する理由

  「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

あなたにオススメのセミナー

    日本人の給料

    日本人の給料

    浜矩子、城繁幸、北見昌朗、坂田拓也、野口悠紀雄 ほか

    宝島新書

    日本人の平均年収は20年の長きにわたり長期減少が続いている。2000年代には世界経済が伸長して日本の企業の業績も向上したが、給料は上がるどころか、下がり続けた。 日本人の給料減少は先進諸外国と比較すると際立ってくる。…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ