「保育園落ちた」「日本死ね」から6年…待機児童数は約8割減少も、諸手を挙げて喜べないワケ

日本の待機児童問題が叫ばれるようになって久しいですが、厚生労働省の調査によると近年待機児童は減少傾向にあります。解決の一途をたどっていると言い切れるのか検証していきましょう。

約6年半前に大きく露呈した日本の待機児童問題

現在から約6年半前――。2016年6月に、検索サイト等のナレッジコミュニティサービスを提供する「株式会社はてな」運営のブログサービス「はてなブログ」の匿名ダイアリー機能に、とある1つの記事が投稿されました。

 

それは、「保育園落ちた日本死ね!!!」のタイトルで始まる、日本の児童福祉制度の欠陥に対する怒りを、語尾を荒げながら痛烈に批判した記事です。

 

子育てをしながら働くことを希望しても、定員数が足りずに保育園に入園することが叶わない、その悲痛な叫びは日本の待機児童問題を浮き彫りにし、瞬く間に日本中に広がりました。

 

本件に対して「(匿名であるため)本当か確かめようがない」と国会で発言した安倍晋三 元首相への抗議として、国会周辺でのデモ活動が巻き起こり、同年末に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」ではトップテンに選抜されるなど、誰もが議論に参加したくなる身近な時事問題として、人々の印象に大きく残りました。

 

あれから6年半――。日本の待機児童問題は解決したのでしょうか。

 

下記の、厚生労働省が発表している、2013(平成25)年から2021(令和3)年までの待機児童数の調査結果【図表1】をご覧ください。

 

【図表1】待機児童数(厚生労働省)

 

調査期間の8年間のなかで「はてなブログ」に児童福祉体制への批判が投稿された2016(平成28)年の翌年の2017(平成29)年が、最も多い26,081人を記録しています。その次に多いのは、記事が投稿された2016(平成28)年で23,553人です。

 

2017(平成29)年をピークに右肩下がりに推移し、最新の公表データである2021(令和3)年には5,634人にまで減少しています。調査機関のピークから20,447人減少しており、減少率は78%。ここ4年で約8割減少していることが分かります。

あなたにオススメのセミナー

    GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

    著者紹介

    連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ