(※写真はイメージです/PIXTA)

勉強を早くからしすぎてガス欠してしまったり、受験が近づくに連れて不安で病んでしまい勉強しなくなったり、余裕をかまして直前期の追い込みをやめてしまったりするなど、毎年のようにどこかの時期で勉強ができなくなって合格までいけない受験生がいるといいます。9浪して27歳で早稲田大学に合格した濱井正吾氏が『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

勉強が手につかなくなり落ちる多浪生

▶「勉強時間」勉強の手を止める/重要度★★★★☆

毎年勉強が手につかなくなり落ちることを繰り返す。実はこうした多浪生もいます。

 

たまに毎年のようにどこかの時期で勉強ができなくなって落ちるという人がいます。

 

勉強を早くからしすぎてガス欠してしまったり、受験が近づくに連れて不安で病んでしまい勉強しなくなったり、余裕をかまして直前期の追い込みをやめてしまったりするなど、さまざまなケースがあります。これらに共通するのは「手を止めてしまう」ことです。

 

人間は忘却の生き物なので、勉強をしなければすぐに忘れていきます。毎日膨大な暗記量が要求される受験生であればなおさら、一気に覚えたことを忘れるのも早いでしょう。

 

残念ながら私も今は、最後の年に詰め込んだ日本史の知識をほぼ忘れてしまいました。もう早稲田の日本史で半分も取れないでしょう。

 

だからこそ、手を止めないというのは本当に大事なのです。

 

それに毎日勉強を続けていることは試験本番に大きな自信をもたらします。

 

「この1年、できるだけの勉強はした。1日もサボらなかった。いつもやっていることを今日は出すだけだ」

 

私自身、このような心境になったのは最後の1年だけでした。

 

8浪目の私は、勉強時間こそ毎日12時間ほどを確保していたものの、ずっと勉強できていたわけではありません。机に向かいながら見えないゴールに怯え、考え込んでしまい手を動かせなくなることがよくありました。その時間帯があったことが自分の中で負い目となり、試験会場での焦りを生んでしまい、結局受験本番で11連敗を喫してしまいました。

 

受験生は皆将来が心配だと思います。でも、不安だからといって自分の人生をよくする今一番大事な手段から遠ざかっていては本末転倒です。結局、勉強の不安は勉強でしか払拭できないのですよね。

 

どうか1年365日。それだけでいいんで、死ぬ気で取り組んでみませんか。

 

濱井 正吾
9浪はまい

 

 

↓コチラも読まれています 

ハーバード大学が運用で大成功!「オルタナティブ投資」は何が凄いのか

富裕層向け「J-ARC」新築RC造マンションが高い資産価値を維持する理由

 業績絶好調のジャルコのJ.LENDINGに富裕層が注目する理由 

コロナ禍で急拡大!トラックリース投資に経営者が注目する理由

  「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

あなたにオススメのセミナー

    本連載は濱井正吾氏の著書『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    浪人回避大全

    浪人回避大全

    濱井 正吾

    日本能率協会マネジメントセンター

    受験人口の減少や大学は誰でも入れる「全入時代」と言われて久しいが、それでも有名大学を中心に実質倍率3倍以上の大学が多数あるなど、多くの現役生や浪人生が厳しい戦いを強いられている現状がある。特に昨今は現役志向の増…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ