症状はそっくりなのに別の病気の可能性…「認知症」との見分け方は? (※写真はイメージです/PIXTA)

「認知症=怖い」はもう古い。医療・介護・福祉・高齢者問題をテーマに活躍、多数の著書を持つジャーナリストと、メディアや新聞各社でも多数活躍する司法書士との共著『認知症に備える』より、そもそも認知症とはなんなのか、認知症になったらどんなことに本人が困るのか、もしくは困らないのか、どのような制度が利用できるのか等、すぐ実生活に活かせるようなヒントを、以下抜粋して紹介する。

これってホントに認知症?

認知症の原因の3つめは、脳の外傷や脳腫瘍をはじめ、さまざまな原因で認知症状が出るその他の病気です。

 

これには頭を打ったときに脳の中に血栓ができる「慢性硬膜下血腫」や、頭蓋骨ずがいこつ内に過剰にたまった脳脊髄液のうせきずいえき(髄液)が脳を圧迫する「正常性水頭症」をはじめ、全身の神経に炎症を起こす「神経ベーチェット病」、神経中枢が侵される「多発性硬化症」があります。

 

また、血液中の甲状腺ホルモンが不足する「甲状腺機能低下症」や、副甲状腺ホルモンが出すぎる「副甲状腺機能亢進症こうしんしょう」、アルコール中毒、薬物中毒、ビタミンB1欠乏症などに加え、病気の治療のために処方されている薬が原因になることもあります。

 

これらの多くは手術や、減薬などの治療で症状が改善されるので「治る認知症」と呼ばれています。新聞広告などでよく見かける「認知症は治る」とうたわれた本の中身は、これらの病気を扱ったものです。

 

もの忘れなどが増え、「認知症かな?」と疑ったとき、まず、こうした病気の影響がないかを調べてもらいましょう。処方されている薬が原因になっていないかどうかも、合わせて調べてもらうといいと思います。

 

「治る認知症」のなかで、比較的簡単な手術で改善することが多いのが、慢性硬膜下血腫
と正常性水頭症です。

 

転倒などで頭を強く打ったとき、外傷もないし、レントゲンで見ても骨に損傷が見つからないのに、2~4週間で脳の表面に血の塊ができることのある慢性硬膜下血腫では、3週間から数か月後に頭痛や吐き気、歩行障害などに加え、認知症状が出ることが。これは頭に小さな穴をあけ、血の塊をチューブで吸い出すことで、症状が治まる可能性があります。

 

また、頭の打撲、くも膜下出血などさまざまな原因で髄液が脳内にたまる正常圧水頭症では、歩行困難、失禁などに加え、もの忘れが起こることがあります。脳か腰の脊髄せきずいからお腹にチューブを通す手術をすることで、7~8割が改善するといわれます。

 

慢性硬膜下血腫と正常性水頭症を疑った場合は、脳神経外科や神経内科で受診するのが一般的ですが、CTやMRIなどの画像検査設備がそろった総合病院であれば、もの忘れ外来など認知症を扱う診療科で診察することもできます。

 

女性の場合、「認知症かな?」と思ったときに、真っ先に疑ったほうがいいといわれているのが甲状腺機能低下症です。

 

甲状腺は頸部けいぶにある新陳代謝を調節するホルモンをつくる臓器のひとつ。甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎてもからだに影響を及ぼしますが、少ないために引き起こされるのが甲状腺機能低下症です。

 

代表的な症状としては、疲れやすい、寒さに弱い、からだがむくみやすい、眉が薄くなる、体重増加などに加え、高齢者では意欲や気力の低下、もの忘れ症状が出ることがあります。

 

甲状腺機能低下症の診断は、採血で簡単にできます。甲状腺ホルモンの低下がある場合は、甲状腺ホルモンを補充することで症状は改善します。

 

女性の甲状腺機能障害は男性の13倍といわれています。女性で上記の症状があり、もの忘れが気になってきた人は、まずはかかりつけの内科クリニックに相談してみるといいでしょう。

あなたにオススメのセミナー

    ジャーナリスト、ノンフィクションライター

    1949年、長野県生まれ。雑誌編集者を経てライターに。人物インタビュー、ルポルタージュを書くかたわら、海外を取材し、『ユリ─日系二世ハーレムに生きる』(文芸春秋)などを出版。認知症になった友人の介護を契機に医療・介護・福祉・高齢者問題にテーマを移し執筆。全国で講演活動を続けるほか、東京都世田谷区でシンポジウムや講座を開催。住民を含めた多職種連携のケアコミュニティ「せたカフェ」主宰。世田谷区認知症施策検討委員。近著に『おひとりさまでも最期まで在宅』『人生100年時代の医療・介護サバイバル』(いずれも築地書館)、共著『認知症に備える』(自由国民社)など多数。

    著者紹介

    司法書士 村山澄江事務所 代表 

    介護や相続の『まさか』をなくすことがミッション。おばあちゃん子だったことがきっかけで、高齢者家族のサポートに注力。【略歴】1979年名古屋生まれ。2003年司法書士試験合格。2010年独立開業。2018年「AI相続®︎」 の立ち上げに参画。2020年株式会社エラン(東証プライム上場)「キクミミ」監修者に就任。認知症対策の相談数1300件以上。家族信託・成年後見の専門家として活動中。【メディア掲載等】日本経済新聞・日経ヴェリタス・読売新聞・朝日新聞。中央経済社「旬刊経理情報」。早稲田学報。週刊現代。週刊エコノミスト etc.【書籍】『今日から成年後見人になりました』(自由国民社)、『認知症に備える』(自由国民社)。【講演】各自治体、ハウスメーカー、生命保険会社、不動産会社、介護事業所、教会などで延べ3,000名以上へ講演。

    著者紹介

    連載「認知症=怖い」はもう古い!70代の足音が聞こえてくる前に、心と環境の準備のススメ

    認知症に備える

    認知症に備える

    村山 澄江,中澤 まゆみ

    自由国民社

    「認知症=怖い」はもう古い! そもそも認知症とはなんなのか、認知症になったらどんなことに本人が困るのか、もしくは困らないのか、生活はどのように変化するのか、どこに何を相談できるのか、法的な制度としては、認知症に…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ