米雇用統計の発表を控え、様子見…足元の景気動向を再確認する展開 (画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数 20,201.94 pt (+0.14%)
中国本土株指数6,902.18 pt (+0.33%)
レッドチップ指数 3,605.39 pt (+0.77%)
売買代金851億7百万HK$(前日889億4万HK$)

一進一退のなか数日間売られていた不動産や海運は上昇

今夜に控える7月の米国雇用統計を前に、アジアの株式市場は上値が重い展開となった。市場参加者は、景気動向を確認するために、今週来週と相次いで発表される米国経済指標を手掛かりにしたいとの意向が強まっている。

 

来週水曜には最重要課題となっている米国CPIが発表される予定で、景気後退リスクや金融引き締めが改めて材料視される展開も想定される。

 

8月に入って、リセッション入り観測から、10年米国債利回りは2.5%台前半まで下落しているが、こうした動きが正当化されるかどうかの手掛かりとなるだろう。

 

5日の香港市場は3日続伸したが値幅は小幅だった。ハンセン指数は前日比0.14%高で引けた。

 

ただし、方向感には乏しく、朝方こそ、小高く寄り付いたもの、午後にかけては伸び悩み、前日終値での一進一退の動きとなった。前日大きく買い戻されたネット株が軟調に推移する一方、ここ数日売られていた不動産や海運といったセクターに物色が目立った。

 

海運セクターではコンテナの東方海外(0316)は7.1%高、中遠海運(1919)は2.7%高だった。ハンセン本土不動産指数も買われ前日比1.64%高と他指数をアウトパフォーム、不動産開発の旭輝集団(0884)は6.0%高、不動産投資会社の九龍倉置業地産投資(1997)は4.8%高、不動産管理サービスの碧桂園服務(6098)は3.6%高となった。

 

そのほか、中国政府が打ち出した産業支援策の恩恵が期待できる、半導体関連銘柄が相場を押し上げた。ハンセンテック指数は0.79%高、半導体ファウンドリーの華虹半導体(1347)が13.3%と大幅高、中国最大のSMIC(0981)は7.0%高で引けた。

Wells Global Asset Management Limited, CEO 国際金融ストラテジスト <在香港>

シティバンク東京支店及びニューヨーク本店にて、資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。

2004年末に東京三菱銀行(現MUFG銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009年からは国際部門に異動しアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。

その後、MUFG銀行を離れ、2015年には香港金融管理局からRestricted Bank Licence (限定銀行ライセンス)を取得し、Nippon Wealth Limitedを創業、資産運用を専業とする銀行のトップとして経営を担った。

2021年5月には再び独立し、Wells Global Asset Management Limitedを設立。香港証券先物委員会から証券業務・運用業務のライセンスを取得し、最高経営責任者として、アジアの発展を見据えた富裕層向けサービスを提供している。

世界水準の投資機会や投資戦略、資産防衛に精通。個人公式サイトなどを通じて、金融・投資啓蒙にも取り組んでいる。(個人ブログ:HASEKENHK.com

京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)、名古屋市生まれ

著者紹介

連載国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ