(画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数 19,767.09 pt (+0.40%)
中国本土株指数 6,736.96 pt (+0.52%)
レッドチップ指数 3,554.35 pt (▲0.71%)
売買代金955億2百万HK$(前日1,180億9万HK$)

ペロシ米下院議長の台北訪問は単なる思い出づくりか?

3日の中国・香港市場は自律反発の買いが先行し、ハンセン指数は前日比0.4%高と反発した。同指数は前日に約2ヵ月半ぶりの安値水準だった。ただ、引き続き上値は重く、午後にはマイナスに転じる場面もみられ、上げ幅は小幅に留まった。

 

前日、台湾入りしたペロシ米下院議長は台湾の蔡総統と会談。現地時間午後17時に台湾を離れる予定であり、両国は高まる中国の脅威に屈せず、改めて米国との関係性を強化する姿勢を強調した。

 

一方、中国人民解放軍は4日から7日まで台湾を囲む6つの海域・空域で実弾射撃を含む軍事演習を行うと伝えた。

 

中国側は今回の訪問について強く反発しているが中国の対応は今のところ想定内であり、すぐに軍事衝突までに発展するような状況には見えない。

 

また、米国の立場としてもバイデン大統領はペロシ氏が訪問する可能性について、「現時点で米軍はよい考え方ではないと思っている」と答えており、今回の訪台は近いうちに引退するのを見越して、ペロシ氏のレガシーづくりとも考えられる。

 

それを踏まえると、実質ナンバー3の訪台は米政権の意思表示をあらわすものではなく、マーケットの懸念はやや行き過ぎ感を否めない。過度な影響は限定的とみるべきであり、冷静な判断が必要である。

 

ただ、言葉のうえでは中国側が強硬な姿勢を示しており、最終的に面子を保ちつつどのような落としどころを探るかが注目となる。

香港市場はネット株を中心に買い戻され反発

3日の香港市場はネット株中心に買い戻され、ハンセンテック指数は前日比1.24%高と市場をアウトパフォームした。

 

高性能データセンター開発の万国数拠(9698)は7.1%高、半導体ファウンドリーのSMIC(0981)は4.1%と急反発した。個別ではEコマースのアリババ(9988)は3.7%高と6日ぶりの大幅高、引け後に決算を控えたことが材料視された。

 

主要銘柄も買い戻され、Eコマースの京東集団(9618)は2.1%高、ゲームオンラインの網易(9999)は2.4%高、インターネットのテンセント(0700)は2.5%高となった。

 

一方、引き続き不動産株は下落し、本土不動産株で構成されるハンセン本土不動産指数は1.83%安だった。不動産管理サービスの碧桂園服務(6098)は3.7%安、中国不動産開発大手の碧桂園(2007)は1.4%安となった。

 

中国市場は上海総合指数が前日比0.71%安の3,163.67と続落、CSI300指数は0.97%安の4,066.98で引けた。朝方は小高く推移する場面もみられたが、指数は引けにかけてマイナスに転じた。

 

前日の下げが急だったこともあり自立反発狙いの買いが先行したものの、米中関係の緊迫化がマーケットの重荷となった。上海総合指数は約2ヵ月ぶりの安値水準に落ち込んだ。

次ページ新型コロナの影響を残して迎えた7月の動向は?

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ