「顧問弁護士に相談…」キレて話が通じない相手に効果的一言【産業医の解説】 (※画像はイメージです/PIXTA)

完全にキレてしまっていて、言っていることも支離滅裂…、このような人を相手にしなければならないのは災難です。時には、金品を要求されたり、損害賠償、慰謝料請求というワードまで飛び出すこともあります。そんなときに効果的な一言とは。産業医の井上智介氏が著書『職場のめんどくさい人から自分を守る心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

効果的な「弁護士」「警察」という言葉

■こんな時どうしたらいい? シーン別対処法

▶キレて話が通じない

完全にキレてしまっていて、言っていることも支離滅裂、しかもあなたには全く非がない……。

 

このような人の対応をしなければならないのは、とんだ災難ですね。

 

基本はクレーマーへの対処方法と同様に、「要求をのまない」「自分個人への批判だと思わない」「対応するのは1人あたり10分まで」ですが、それでも収まらない時もあるでしょう。

 

共感しても、人を変えても、怒りが収まるどころかヒートアップし、金品を要求されたり、損害賠償、慰謝料請求というワードまで飛び出すことも。

 

そのようなことを持ち出されると、パニックになってしまうと思いますが、このような場合に効果てきめんなひと言があります。

 

それは、「顧問弁護士に相談させていただきます」です。

 

「えっ、うちには顧問弁護士なんていないけど……」という方も大丈夫。「弁護士」というワードをちらつかせることで話を切り上げることが目的なので、本当にいなくてもいいのです。

 

弁護士のほかに、警察という言葉も効果的ですよ。

 

「顧問弁護士に相談してから回答しますので、ご連絡先を教えていただけますか?」と、相手の個人情報を確認するそぶりを見せると、さらにプレッシャーを与えることができます。

 

意味もよく分からないまま「損害賠償」「慰謝料」などと騒いでいるクレーマーもいますが、実際そのようなことで訴えを起こしたとしても、不利になるのは相手のほう。あなたが堂々と対応すれば、ひるんだ相手は自然に引いていくでしょう。

 

ことを荒立てるようで気が引けるかもしれませんが、こうした相手に遠慮は無用です。むしろ、こちらが強気に出なければ止まらないと思っておいていいでしょう。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー
富裕層の相続対策から税金対策の悩みを一挙解決!
詳しくはこちら>>>

あなたにオススメのセミナー

    産業医 精神科医 健診医

    島根大学医学部を卒業後、現在は産業医・精神科医・健診医の3つの役割を中心に活動している。産業医としては毎月30社以上を訪問し、精神科医としては外来でうつ病などの精神疾患の治療にあたっている。その一方で、多くの人に「おおざっぱに笑ってラフに生きてほしい」という思いを込めてブログやTwitter などでも積極的に情報発信を行っている。著書には『ストレス社会で「考えなくていいこと」リスト』(KADOKAWA)や『職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(大和出版)などがある。

    著者紹介

    連載「仕事の悩みは人間関係が8割」職場の心理学

    ※本連載は井上基介氏が著書『職場のめんどくさい人から自分を守る心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    職場のめんどくさい人から自分を守る心理学

    職場のめんどくさい人から自分を守る心理学

    井上 智介

    日本能率協会マネジメントセンター

    「仕事の悩みは人間関係が8割」だといいます。 職場ではさまざまな人と関わる必要があり、仕事の関係上、自分が人間関係を選ぶことも難しい。自分に都合の悪いことは無視する上司、融通がきかない部下、承認欲求が強く、自己…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ