「6~7時間の睡眠」が心疾患リスクを下げる!心不全を予防する生活習慣【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

日本人の死因第2位を占めるのは「心疾患」ですが、中でも特に死亡率が高いのが「心不全」です。もし発症してしまった場合には、再発・増悪を予防する「治療」が欠かせません。本稿では、自宅でできる取り組みとして「睡眠」「運動」のポイントを見ていきましょう。心不全の再発予防策としてだけではなく、心疾患やほかの病気の予防にも役立つ内容です。

「6~7時間の睡眠」が心疾患リスクを下げる

2021年5月に米国心臓病学会学術集会で発表された研究結果によると、心筋梗塞や脳卒中で死亡する可能性が最も低いのは、一晩の平均睡眠時間が6〜7時間の人だったそうです。

 

これは2005〜2010年に行われた米国国民健康栄養調査の参加者1万4079人のデータを用いたもので、一晩の睡眠時間を6時間未満、6〜7時間、7時間以上の3群に分類しました。すると、動脈硬化性心血管疾患を起こすリスクと睡眠時間の間にはU字型を描く関係性があり、睡眠時間が6〜7時間の群のリスクが最も低いことが明らかになったのです。

 

これ以外にも、睡眠時間と心疾患の関係性を調べた研究はたくさんありますが、ほとんどの結果が似たような結果を導き出しています。つまり、短時間でも長時間でもなく、おおむね6〜7時間の睡眠時間が心疾患のリスクを下げる、というのです。

 

なぜ、短時間睡眠や長時間睡眠が心疾患のリスクを上げるかというと、それぞれ理由が異なります。

 

まず短時間睡眠が心疾患のリスクを上げる理由については睡眠時間が短いことで交感神経が活性化すること、それに関連して血圧や心拍数が上昇すること、また、睡眠不足はインスリンの抵抗性を高め糖や脂質の代謝異常につながることなどが挙げられます。

 

そのほか、睡眠時間が短いと満腹ホルモンのレプチンが減り空腹ホルモンのグレリンが増えること、また、睡眠が十分でないことによって倦怠感が強まり身体活動が減少することも、肥満を招き心疾患のリスク増加につながると考えられています。

 

一方、睡眠時間が長いとなぜ心疾患のリスクが高まるかについてはいろいろな説がありますが、睡眠時間の長さが問題というよりも、すでに他の疾患を抱えているがゆえに睡眠時間が長くなり、その結果心疾患を発症しやすいのではないかと考えられています。

社会医療法人北海道循環器病院 理事長 日本胸部外科学会指導医
日本外科学会認定医
日本医師会認定産業医

1968年、札幌医科大学胸部外科(現心臓血管外科)に所属して以来、今日まで一貫して心臓血管系と呼吸器の疾患に対する外科療法に携わり、現在はドイツのハンブルク心臓リハビリテーション協会と連携しつつ虚血性心疾患に対する心臓リハビリテーションに取り組んでいる。

著者紹介

連載心不全に負けない完全治療マニュアル

※本記事は、大堀克己氏の著書『心不全と診断されたら最初に読む本』(幻冬舎MC)を抜粋・再編集したものです。

心不全と診断されたら最初に読む本

心不全と診断されたら最初に読む本

大堀 克己

幻冬舎メディアコンサルティング

心不全と診断されても諦めてはいけない! 一生「心臓機能」を維持するためのリハビリテーションと再発予防策とは? “心疾患・心臓リハビリ”の専門医が、押さえておきたい最新の治療とリハビリテーションを解説します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ